Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

月間の残業時間は2014年より継続して減少傾向、IT業種では半減―オープンワーク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/06 16:42

 オープンワークは、同社のオウンドメディアである「働きがい研究所」において、「『日本の残業時間』四半期速報(2019年7~9月)」を発表した。

 同調査は、OpenWorkに2014年以降に投稿された会社評価レポートから算出している。2014年以降、全体の残業時間は減少傾向にあり、全体の平均残業時間は2019年に入ってからも減少を継続。4~6月集計の26.27時間/月からさらに減少し、7-9月では25.56時間/月と25時間台まで減少した。逆に、「不動産・建設」(+0.65)、「インフラ、運輸」(+0.14)の2業種では、わずかだが4~6月集計から残業時間が増加した。

 「IT・通信・インターネット」業種では、7~9月集計で23.91時間/月と、4~6年集計より0.56時間/月減少したという結果に。同調査の起点である2014年1~3月の46.33時間/月からは、約半分になっている。

[画像クリックで拡大表示]
[画像クリックで拡大表示]
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/11/06 16:42 /article/detail/1921
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0