IT人材ラボ

注目の特集・連載

HR Force――求人媒体へのコスト最小化と応募数の最大化を同時に実現するその理由とは

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「採用広告を出しても、期待するほどの人材が集まらない」。採用市場が激化する中、旧来型の採用手法だけでは、立ちいかなくなっている企業も多いのではないだろうか。そんな企業が抱える課題をデータ×AIで解決すべく、株式会社 船井総合研究所から生まれたのが株式会社HR Forceだ。同社が提供する「Recruiting Cloud」は、どのような特徴を持ち、採用広告のあり方をどう変えていくのか。同社CMO 新倉竜也氏に話を聞いた。

本記事は「HRzine」に移転いたしました

 IT人材ラボの後継メディア「HRzine」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 野本 纏花(ノモト マドカ)

    フリーライター。IT系企業のマーケティング担当を経て2010年8月からMarkeZine(翔泳社)にてライター業を開始。2011年1月からWriting&Marketing Company 518Lab(コトバラボ)として独立。共著に『ひとつ上のFacebookマネジメント術~情報収集・人脈づくり・セルフブランディングにFacebookを活用しよう』がある。

  • 市古 明典(IT人材ラボ ラボ長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者(兼MS Access担当)を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、資格学習書と開発者向けWebメディア両方の経験を活かして「資格Zine」を立ち上げ。2017年7月にその拡張版として「IT人材ラボ」をスタートさせた。

バックナンバー

連載:HR Techのこころ

もっと読む

IT人材ラボ
2019/12/25 06:00 /article/detail/1928
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0