Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

雇用契約書作成などの機能を加え「HRbase 就業規則」をリニューアル―Flucle

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/05 15:38

 Flucleは、既存サービス「HRbase 就業規則」に雇用契約書作成などの機能を加え、新サービス「HRbase」としてリニューアルしたことを2月3日に発表した。

 「HRbase 就業規則」は2019年2月1日にリリースされ、就業規則を1日で作成できるクラウドサービスとして2020年1月末までに568社が利用している。同サービスには、顧客から「労務相談にも乗って欲しい」「雇用契約書など他の書類もつくりたい」という声が寄せられたといい、同社では今回、スポットで展開していた就業規則作成サービスを拡大し、今回「HRbaseサービス」としてリニューアルした。

 2月3日からは、サブスクリプション型のクラウドサービスへ移行。まずはスタータープランが始まり、新規登録で初月は無料で利用できる(2か月目からは、課金しなければフリープランに移行し、機能は制限される)。36協定作成は2020年3月にリリース予定。後日開始予定の他プランに含まれる労務タスク管理は2020年6月、社員相談窓口サービスは2020年10月にリリースされる予定だ。

「HRBase」のプランとサービス内容
「HRBase」のプランとサービス内容
[画像クリックで拡大表示]

 サービスの移行後は、以下のようなサービスが提供される。

就業規則や雇用契約書の作成
会社情報と会社ルールの入力で、法改正に対応した就業規則と、就業規則に紐付いた雇用契約書が作成でき、短時間のうちに労務管理の基礎が整う。
やるべきことの見える化
煩雑な労務管理が分かりやすくマニュアル化され、その中で必要な社内書式もダウンロードが可能。知識がなくても労務管理が漏れなく実施できる。
専門家に相談
会社によって変わる労務の悩みに対し、HRbaseに登録した会社ルールに則って専門家が回答。Web上の労務顧問として活用できる。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2020/02/05 15:38 /article/detail/2049
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0