Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

LAPRAS SCOUTがエンジニアスカウト業務の担当分けとタスク指示を支援する「担当アサイン機能」を追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/23 16:45

 LAPRASは、エンジニアを対象とするAIヘッドハンティングサービス「LAPRAS SCOUT」に、スカウト業務をエンジニアと人事で分担するのをサポートする「担当者アサイン機能」を、3月19日に追加した。

 多職種に比べてより専門的な知識が問われるエンジニア採用においては、社内のエンジニアと人事が協力して採用活動に当たることが一般的になっている。一方で、どの業務を人事が担当し、どの業務をエンジニアが担当するかという分担については定義されていないのが現状だ。

 LAPRAS SCOUTに追加された「担当アサイン機能」では、エンジニア採用におけるスカウトからカジュアル面談までのフローを4つの業務に分け、それぞれにエンジニアあるいは人事を担当者として設定する。各担当者には、フローの進行に応じて行うべきタスクが都度示される。

 4つの業務は次のとおり。カッコ内はLAPRASが推奨する担当者だ。

①アプローチ判断 <担当:エンジニア>
タレントプールに追加された候補者に対してアプローチするかどうかの判断を行う。
②ファーストアプローチ <担当:人事>
アプローチをすることが決まった候補者に対して最初のアプローチを行う。
③初回面談 <担当:エンジニア、またはエンジニアと人事>
初回の面談を担当し面談のフィードバックコメントを残す。
④メール返信 <担当:人事>
ファーストアプローチ以降のメールの作成、候補者への返信、面談日時の入力を行う。
LAPRAS SCOUTの「担当アサイン機能」
LAPRAS SCOUTの「担当アサイン機能」
[画像クリックで拡大表示]
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2020/03/23 16:45 /article/detail/2122
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0