Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

ITコーディネータ協会、プロセスガイドラインをバージョン3.0に改訂、経営者なども利用しやすい内容へ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/09/28 14:00

 ITコーディネータ協会は、プロセスガイドライン:PGL(旧ITコーディネータ・プロセスガイドライン)をバージョン3.0に改訂し、名称を「IT経営推進プロセスガイドライン」(以下、ガイドライン)に改めて、9月26日に発刊した。

 このガイドラインは、ITコーディネータ(以下、ITC)の備えるべき実践力や仕事の進め方についてまとめ、公開しているもの。前バージョンの発刊以来5年を経過したことから、最近の経営スタイルやIT利活用環境といった変化への対応を主眼として改訂が実施された。

 また、今回の改訂では、企業の経営者やIT経営推進担当者などITC以外の一般の人にも読んでもらえるよう、記述を平易化。名称も“ITコーディネータ・”プロセスガイドラインから“IT経営推進”プロセスガイドラインへ改めた。ITコーディネータ試験でも2017年8月の第36回試験から、バージョン3.0のガイドラインが対象になる。

 バージョン3.0における主な改訂点は以下のとおり。

  • 書籍タイトルを「IT経営推進プロセスガイドライン」に変更
  • 想定読者に新たにIT経営を推進する団体、金融機関、公的機関、自治体などを追加
  • 主語(実行者)は企業だが、経営者とIT経営推進者の役割を明確化
  • ITCの立ち位置、役割(IT経営支援者)、専門性などを言及
  • プロセスを領域、プロセス、ステップの3階層で分解
  • プロセスの流れと章立てが分かるような目次構成
  • 留意点として、特に強調すべき事項に絞って記述
  • 概念までを含む成果物と成果を記載

 そのほか、チェックリストとして使える付表や用語解説も新たに収録された。本ガイドラインはITコーディネータ協会Webサイトから購入可能。

 今後、ITコーディネータ協会は本年度中に「ITC実務ガイド」を改訂するほか、方法論を記載した「IT経営アプローチ事例」と、ITC資格取得意欲のある人に向けた「ITCはここが違う(仮称)」を新規に作成し、来年度は「ITC実践ガイドライン」「IT経営のススメ」の改訂を予定している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0