IT人材ラボ

注目の特集・連載

在宅でのリモート研修向けに「オンラインプログラミング学習システム」を企業に無償提供―ギブリー

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/31 07:51

 ギブリーは、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に伴う政府からの自粛要請の状況を受け、在宅での研修実施を余儀なくされている企業に向け、同社が提供するプログラミング学習・試験プラットフォーム「track(トラック)」が持つプログラミング研修教材と研修システムを企業(限定100社)を対象に無償提供する。

 無償提供の期間は2020年4月1日〜2020年5月31日。利用申請期限は4月10日。全国の企業法人を対象に100社限定で提供される。

 無償提供されるオンラインプログラミング教材は次のとおり。いずれも、通常trackが企業研修向けに有償で提供している実践的な学習コース。

  • 教養としてのプログラミング基礎コース
  • Webフロントエンド基礎コース(HTML・CSS)
  • Webフロントエンド実践コース(HTML・CSS・JavaScript)
  • JavaScript基礎コース
  • JavaScript DOM基礎コース
  • Java基礎コース
  • Java Utilコース
  • Java応用コース
  • C#基礎コース
  • C# Utilコース
  • C#応用コース
  • データベース基礎コース(SQL)
  • Ruby基礎コース
  • Pythonで始めるデータサイエンス基礎コース
  • 演習で学ぶプログラミング入門コース1(多言語対応)
  • 演習で学ぶプログラミング入門コース2(多言語対応)
  • 演習で学ぶアルゴリズムとデータ構造入門コース(多言語対応)

 今回は有償サービスの無償提供ということで、利用できる機能などは、在宅でのプログラミング研修実施・セルフラーニングを実現する上で、必要最低限のものとなっている。

今回の無償提供で利用できるもの/できないもの
今回の無償提供で利用できるもの/できないもの
[画像クリックで拡大表示]

 なお、通常導入に至るまでには、各種法務チェック(利用規約や個人情報管理など)やセキュリティ面の確認などに時間を必要とするが、今回は企業に管理アカウントを発行せず、教材もID別に配信するため、ギブリーから発行された受講者IDのアカウントとシステムのURLを受講者に配布するだけで導入できるという。

 利用までの手順は次のとおりとなっている。

  1. 申請フォームより、必要情報を入力
  2. 事務局より担当者へメールあるいは電話にて連絡
    L 導入目的の確認
    L 配布対象、人数等の確認
    L その他、必要事項のヒアリング
  3. 審査
  4. 配布対象人数に応じた、IDリスト、ログイン用URLの共有
  5. 対象者への配布
  6. 実施後にアンケート調査等を実施する場合がある
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2020/03/31 07:51 /article/detail/2130
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0