IT人材ラボ

注目の特集・連載

人事評価システムのクラウド版「P-TH+」をリリース―AJS

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/07 18:20

 TISインテックグループのAJSは、人事評価システム「P-TH(ピース)」のクラウド版サービス「P-TH+(ピースプラス)」を提供開始したことを、4月7日に発表した。

 「P-TH」は人事考課に特化したツール。様々な人事システムと連携可能で、人事評価制度の運用定着を促進する。企業の人事評価制度で利用している「ワークフロー」や「Excelで設計・利用している評価シート」に対応できるなど、個社特有の人事評価制度と評価シートをそのままシステム化できる点を特徴とする。

 クラウド版の「P-TH+」では、P-THの機能に加えて、タブレットやスマートフォンからの人事評価項目の簡易入力を可能にした。今後は分析機能などを充実させていく予定という。価格は300ユーザーで月額15万8000円(初期設定費用も別途必要)。

P-TH+の特徴

現行の評価フローとExcel評価シートをそのままシステム化
現行の評価制度でお使いの評価シート(紙・Excelファイル)をシステム化できる。今までの紙やExcelと同じイメージの評価シートとして入力が可能なため、社員への特別な教育が必要ない。
評価の進捗をリアルタイムで確認
面倒だった評価の進捗確認をシステム上で簡単に行える。
手作業だった評価の一覧化を自動化
手作業だった評価一覧の作成を自動化。転記ミス防止や評価業務の効率化につながる。
モバイル端末からの簡易入力が可能
PCがない場合でも、被評価者の自己評価の入力をモバイル端末で行える。
評価データの分析が可能(2020年7月リリース予定)
システム上の蓄積データを使い、評価結果の分析ができる。
強固なセキュリティ対策
すべての通信は暗号化されており、データベースは二重化・暗号化され毎日バックアップを実行。また、本サービスは第三者機関によるセキュリティ検査を定期的に受けており、社員の個人情報を強固なセキュリティで守っている。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2020/04/07 18:20 /article/detail/2148
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0