Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

LPI-Japan、東京でLinuxサーバー構築、システム管理、セキュリティの各セミナーを開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/11/04 12:30

 LPI-Japanは、2016年11月12日(土)と11月13日(日)の2日間、東京にて「Linuxサーバー構築基礎セミナー」を開催する。また、11月12日は「Linuxセキュリティセミナー」と11月13日は「Linuxシステム管理基礎セミナー」も同時に催される。受講申し込みと代金支払いはすべて11月7日(月)まで。

 「Linuxサーバー構築基礎セミナー」は、Linuxのエンタープライズ向けディストリビューションCent0S 6.2に対応した内容だ。1日目はLPI-Japanが開発した教材『Linuxサーバー構築標準教科書』をテキストに用いた座学講習。DNSサーバー、Webサーバー、メールサーバーの構築の基礎を、デモを用いながら解説する。2日目はチューターの協力のもと、1日目の復習を自習形式で実施し、さらなる理解が深められるという。定員は1日目が100名、2日目が40名。1日だけの参加も可能。2日目はノートPCを持参することが望ましい。参加者には、LPICの受験チケット5%オフクーポンが進呈される。

 セミナー概要は次のとおり。

「Linuxサーバー構築基礎セミナー」開催概要
日程 1日目:11月12日(土)10:30~16:30(受付開始9:40)
2日目:11月13日(日)10:00~16:00(受付開始9:45)
会場 日本電子専門学校 7号館地下2階(東京都新宿区)
対象
  • LPICレベル1認定程度の知識を持っている人
  • インターネットサーバー構築に興味のある人
  • サーバー構築経験はあるものの、技術の再確認をしたい人
定員 1日目:100名
2日目:40名
価格 1日目のみ参加:5400円(税込み、教科書付き)
2日目のみ参加:3240円(税込み)
両日参加:7560円(税込み、教科書付き)
2日目ノートPC貸し出し:2160円(税込み、事前申し込みで当日払い、先着10名)
申し込み こちらから

 「Linuxセキュリティセミナー」では、セキュリティモジュールSELinuxの仕組みと使い方や、SHHプロトコル・WebサーバーのSSLの設定方法などを学べる。Linuxシステムにおける高いセキュリティレベルの確保や、セキュアなLinuxシステムの構築を身に付けたい人にふさわしい内容となっている。定員は50名。参加者にはLPI-Japanが開発した教材『Linuxセキュリティ標準教科書』が進呈される。

 セミナー概要は次のとおり。

「Linuxセキュリティセミナー」開催概要
日程 11月12日(土)17:30~20:30(受付開始17:15)
会場 日本電子専門学校 7号館地下2階(東京都新宿区)
対象
  • Linuxセキュリティについて学びたい人
  • Linuxサーバー構築が一通り行えるスキルを有すること
    (『Linuxサーバー構築標準教科書』の内容を一通り実行できること)
定員 50名
価格 5400円(税込み、教科書付き)
申し込み こちらから

 「Linuxシステム管理基礎セミナー」では、LPI-Japanが開発した教材『Linuxシステム管理標準教科書』をテキストに用い、CentOS 6および7を使用したデモを交えながら、システム管理を学ぶ。このセミナーを受講することで、多岐にわたるLinuxのシステム管理から、実務に役立つものは何かを見極められるようになるという。定員は50名。

 セミナーの概要は次のとおり。

「Linuxシステム管理基礎セミナー」開催概要
日程 11月13日(日)10:00~16:30(受付開始9:40)
会場 日本電子専門学校 7号館地下2階(東京都新宿区)
対象
  • LPICレベル1認定程度の知識を持っている人
  • システム管理の基礎を学びたい人
定員 50名
価格 8640円(税込み、教科書付き)
申し込み こちらから

 

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2016/11/04 12:30 /article/detail/266
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0