IT人材ラボ

注目の特集・連載

富士通ラーニングメディア、2017年上期開催コースの受講受け付けを開始、108コースを新設

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/12/14 08:00

 富士通ラーニングメディアは、2017年度上期(4月〜9月)に開催する研修コースの受講申し込みの受け付けを開始した。デジタルビジネス時代の人材を育成するためのコースを多数新設。加えて、注目の新技術をはじめ、データ分析関連やクラウド技術関連など、合計108の新コースがリリースされる。

 富士通ラーニングメディアの2017年度上期(4月〜9月)に開催される新コースは、次の2分野を中心に開講される。

  1. デジタルビジネス時代の人材育成
  2. 注目の新設&旬のコース

 1.は、世の中のデジタル化に合った人材を育成するためのコース群。デジタルビジネスに必要な人材像に合わせて、「ビジネス軸」と「テクノロジー軸」の2つに分けられている。

 ビジネス軸では、顧客価値デザインや顧客体験の可視化、プロトタイプ構築やアイデア構想など、人間的な要素を持ち合わせてビジネスに変革をもたらす人材を育てるためのコースを用意。一方、テクノロジー軸では、IoTやUI/UX設計、アジャイル開発など、デジタルテクノロジーを駆使する人材を育てるためのコースが揃っている。

 2.は、ブロックチェーン技術、AI(人工知能)、機械学習と機械学習を使ったデータ分析など、これから発展が期待される技術に関する講座を用意。加えて、根強い人気がある現場部門のデータ分析関連や、クラウド技術関連など、多彩なコースが用意されている。

 新技術やこれから自社で取り組みたい技術などがあれば、こうしたセミナーの受講が効率的だろう。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2016/12/14 08:00 /article/detail/320
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0