IT人材ラボ

注目の特集・連載

個人情報関連の事故から事業者が行うべきことを探る無料セミナーを開催―DBSCが5月29日に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/23 08:00

 データベース・セキュリティ・コンソーシアム(以下、DBSC)は、5月29日(月)に東京・永田町にて、「第13回DBSC春のセミナー」を開催する。このセミナーでは、個人情報の管理とそれにまつわる事故などを取り上げ、事業者が事前に何を行うべきかといった内容を探る。定員は100名、参加費は無料。

 基調講演には、元経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 法執行専門職の篠原治美氏が登壇。年間4000件を超える個人情報関連の事故対応を、10年にわたって行っていた自身の経験から、事業者は事前に何を行っておくべきか、事故を起こした際には何をするべきなのかについて語る。

 基調講演の後には、その内容を受けて「個人情報の事故から求められる管理について」をテーマとするパネルディスカッションが行われる。

  なお、このセミナーに参加すると、(ISC)2の資格維持に必要なCPEクレジット(2ポイント)を取得する資格が得られる。

 セミナーの開催概要は次のとおり。申し込み締め切りは5月26日(金)17:00ごろまで。

「第13回DBSC春のセミナー」開催概要
日時 2017年5月29日(月)15:10〜17:05(14:50受付開始)
場所 東京電機大学(東京千住キャンパス) 1号館2階「1204セミナー室」
定員 100名
参加費 無料
申し込み

以下の内容を明記して info@db-security.org へEmailを送付

  • Emailの件名:【参加申込】DBSC春のセミナー(5月29日開催)
  • 氏名
  • 所属(法人名のみで構わない)
  • Email

 

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2017/05/23 08:00 /article/detail/528
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0