IT人材ラボ

注目の特集・連載

メールでできる情報処理技術者試験対策―アイテックが平成29年度秋期向け「宿題メール」を販売開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/06 08:00

 アイテックは、登録したE-mailアドレスに情報処理技術者試験と情報処理安全確保支援士試験の午前試験問題を配信する「宿題メール」を販売開始した。今回販売を開始したのは、平成29年度秋期試験向けのサービスで、宿題メールの配信は7月上旬スタートになる。価格は試験によって異なるが、2700~3240円(税込み)。なお、アイテックは平成29年度秋期試験に対応した「2017秋 全国統一公開模試」を9月10日(日)に実施する予定だ。

 「宿題メール」のラインナップは次のとおり

 このほか、通年でCBT方式による試験が行われているITパスポート向けの「2017 宿題メール ITパスポート」もある。

 アイテックによると、情報処置技術者試験の受験者のうち、午前試験が不合格になる人は約40%おり、基礎知識と捉えられがちな午前試験突破を効率的に目指すのに適している内容だという。

 試験は、1日2問または3問から選択でき、午前Ⅰ試験の免除制度がある資格試験については、免除者向けのメニューを選ぶことができる。

 宿題メールは、丈夫に問題文と選択肢が表示され、それをスクロールすると下部に解答と解説が表示される仕組みだ。

「宿題メール」イメージ(出典:[アイテックのWebサイト](https://www.itec.co.jp/store/products/detail.php?product_id=3329))
「宿題メール」イメージ(出典:アイテックのWebサイト

 価格は、配信問題数やメニューによって異なるが、すべて税込みで2700~3240円(ITパスポートのみ2160円)。ITパスポートを除いた初回配信は7月上旬から、免除者向けメニューは8月からの配信が予定されており、配信終了は10月13日。

 なお、アイテックは9月10日に平成29年度秋期試験の「2017秋 全国統一模擬試験」を行う。会場は、東京、大阪、名古屋と自宅受験から選択可能。各資格ごとの試験詳細と申し込みはこちらから確認してほしい。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2017/06/06 08:00 /article/detail/549
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0