Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

平成29年度秋期「情報処理技術者試験」と「情報処理安全確保支援士」の受験申し込みを受け付け開始―IPA、2回目の支援士試験はどうなる?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/07 08:00

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の情報処理技術者試験センターは、10月15日(日)に実施される「平成29年度秋期 情報処理技術者試験」と「平成29年度秋期 情報処理安全確保支援士試験」の受験申し込みを受付開始した。なお、「情報処理安全確保支援士試験」は第2回目となる。その受験者数などの動向に再び注目が集まりそうだ。

 平成21年度春期から始まった現行制度での情報処理技術者試験試験実施は、平成29年度秋期で18回目を数える。春期からスタートした「情報処理安全確保試験士試験」は2回目を迎えることになるが、第1回目の受験者数と合格者数はともに、この試験の前身となる「情報セキュリティスペシャリスト試験」と同等だったが、この数字が初回のボーナスと考えると、第2回目となる平成29年度秋期はよりリアルな試験の評価が数字に表れるといえよう。

 情報処理安全確保支援士試験を含め、平成29年度秋期に実施される試験は次のとおり。既存試験について大きな変化はない。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0