Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

日本企業の人事業務を支援するコンピテンスセンターを開設―日本IBMとWorkdayがパートナーシップを結ぶ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/24 11:00

 日本IBMはWorkdayコンサルティング・サービスをさらに強化するため、Workdayとパートナーシップを結び、本社内に「Workdayコンピテンスセンター」を開設したことを発表した。Workdayは企業向けクラウド型財務・人事アプリケーションプロバイダで、日本IBMのヒューマンキャピタルマネジメント(HCM)における推奨パートナーでもある。

 今回設立された「Workdayコンピテンスセンター」では、Workdayのプラットフォームに精通した日本IBMのWorkday認定コンサルタントと、Workdayの営業および技術人員が、両者共通の顧客にサービスを提供する。このサービスが提供されることにより、顧客はソリューション開発や日本固有の人事業務対応などに関する、アドバイスが受けられるようになるという。

 今回のパートナーシップ締結およびコンピテンスセンターの解説について、日本IBMのグローバル・ビジネス。サービス事業本部 Workdayプラクティスジャパン・リーダー遊佐貴夫氏は、「IBM自身がWorkday顧客として日本を含む前者でWorkdayを導入しているが、これらの経験をものにした日本におけるコンピテンスセンターの設立は、国内顧客のニーズに細やかに答えるためのユニークな取り組みである」と語る。また、Workdayがクラウドネイティブで開発されているかつ、IBMも現在クラウドとコグニティブという技術要素に注力していることから、WorkdayにとってIBMはベストパートナーだと確認していると述べている。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0