Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

サイボウズ、働き方改革ブームに一石を投じる短編アニメを公開―創業20周年を記念して

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/09 08:00

 サイボウズは8月8日、同社の創業20周年を記念して「働き方改革」の本質を考え直すきっかけとなるアニメを同社の特設サイトにて公開した。アニメは、イソップ童話『アリとキリギリス』をモチーフにした全3話の短編で構成。人気クリエーターで『紙兎ロペ』原作者の内山勇士氏とのコラボレーションにより製作された。公開は来年(2018年)の8月8日まで。無料で視聴できる。

『アリキリ』(出典:[ニュースリリース](http://https://topics.cybozu.co.jp/news/2017/08/08-4200.html))
『アリキリ』(出典:ニュースリリース)[画像をクリックするとアニメの特設サイトへジャンプ]

 このアニメ公開にあたり、サイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏は次のように述べている。

 「世の中の働き方を変えたいとサイボウズを起業してから20年、ついに「働き方改革」のブームが来た。しかし、仕事のやり方を見直さないまま単に残業時間だけを削減し、現場の疲弊を招いている企業が多いことに強い懸念を感じている。本来、働き方改革はどうあるべきだろうか。今一度本質を考え直すために、内山さんにアニメの作成をお願いした」(青野氏)

 また、サイボウズは、2005年に同社の離職率が28%に達したことを機に、一人ひとりが幸せに働くことができる環境づくりへチャレンジを始めた。世の中で働き方改革が一般的になった今、どうすれば働くことが喜ばしく、楽しいものになるのかを考えたい。その想いから、同社の創業20周年の節目に、働き方改革をテーマとしたアニメを製作するに至ったのだという。

 創業20周年記念アニメの概要は次のとおり。

作品タイトル:『アリキリ』
第1話:残業編
第2話:女性活躍編
第3話:イクメン編
  • テーマ:「働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。」
  • 特設サイト: https://cybozu.co.jp/20th/
  • 公開期間:2017年8月8日(火)〜2018年8月8日(水)
  • 監督:内山勇士氏
  • 制作:株式会社ファンワークス
  • CBO(チーフブランディングオフィサー):おちまさと氏
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0