Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

平均年収が最も高いプログラミング言語はScala、Pythonは2位―ビズリーチが求人探索サイトでランキングを発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/11 08:00

 人材サービスを提供するビズリーチは、同社が運営する求人探索エンジン「スタンバイ」にて、「プログラミング言語別 平均年収ランキング2017」を発表した。1位は「Scala」、2位は「Python」、3位は「Kotlin」という結果になった。

 このランキングは、スタンバイに掲載されている正社員の求人情報250万件のうち、プログラミング言語名が含まれる求人情報で示された給与金額の平均値を集計し、並べたもの。給与非公開の求人については、スタンバイの給与推定アルゴリズムから算出。年収200万円未満および2000万円以上の求人と、求人数が100件未満のものは対象外としている。

 トップ10のプログラミング言語と平均年収は下図のとおり。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0