Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

フリーランス向けに身分証のみで作れる事業用クレジットカード「freeeカード」の発行を自動化―フリーランス協会

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/09/05 08:00

 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(以下、フリーランス協会)は、同協会員の希望者に対し、事業用クレジットカード「freeeカード」の申し込みと発行を自動化する。必要なものは身分証だけ。プリペイドカード2000円分の特典も付く。freeeカードは、クラウド会計サービスを提供しているfreee社が9月15日から発行する。

 フリーランス協会は、非営利フリーランス支援団体。同協会によれば、フリーランスは社会的信用を得るのが難しく、事業用クレジットカードの作成が難しい。また、フリーランスが多く含まれると思われる従業員10人未満の組織で、業務用の支払いに事業用クレジットカードを利用している事業体は16%。事業用クレジットカード市場の認知度を高め、カードの申し込みルートを改善する必要もあるという。

 そのため、フリーランス協会では一般会員向けベネフィットプランとしてfreeeカードを採択。同協会員の希望者に対して、freeeカードの申し込みと発行を自動化する。オンラインのプリペイドカード2000円分も特典として提供される。

 freeeは、免許証などの身分証の提示のみでfreeeカードを発行する。同社のクラウド会計ソフトfreeeと組み合わせて使うことで、freeeカードの使用実績から決済限度額を拡大することも可能といった特典も提供される。freeeカードの発行は9月15日から始まる。

 フリーランス協会では、業務要クレジットカード利用によるキャッシュレス化と経理業務の自動化を推進することで、 フリーランスの働き方改革や信用力拡大を支援していきたいと述べている。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0