Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

150名の新入社員を当初4名で即戦力エンジニアに育てたパイプドビッツの新人研修とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 売り手市場といわれる人材採用において、株式会社パイプドビッツには2014年からの3年間で約150名が入社。さらに、独自の育成プログラムを立ち上げ、彼らを即戦力となるITエンジニアに育て上げた。本稿では、株式会社パイプドビッツ 執行役員CKO 小西辰也氏、パイプドHD株式会社 執行役員採用・人事支援部 部長 杉山俊輔氏に、同社が大量採用に至った背景や、育成プログラムのゴールや進め方、指導のポイントなどについてうかがった。

大量採用でもしっかり育成できる研修を手探りで構築

――大量採用と育成を実現した中期経営計画2017の概要を教えてください。

 パイプドビッツでは、2014年に中期経営計画2017を作成し、人材採用に取り組むことになりました。企業として飛躍的成長を遂げるには、それを支える人員を増やしていかなければなりません。経験者を大量に採用することは難しいため、新卒や第二新卒を採用して徹底的に育成する仕組みを作り、成果を上げることを目指しました。

 そこで、育成を行う部門を立ち上げました。育成“チーム”は過去にあったのですが、育成を行う“部門”の設置は初めてで、まったくのゼロベースです。2014年4月より、採用した4人に研修を受けさせるところからスタートしました。とはいえ、当初は採用すらうまくいくかどうかも分からず、手探り状態でした。

株式会社パイプドビッツ 執行役員CKO 小西辰也氏
小西辰也(こにし たつや)氏
2005年に株式会社パイプドビッツ入社。大阪支店、パートナー部門の責任者を経て、人材育成部門を担当。2012年に現場のノウハウを取り込んだ社内認定制度とトレーニングプログラムの企画を立ち上げ、現在に至る。

――中期経営計画2017では、どのくらいの人数を採用しましたか?

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 坂井 直美(サカイ ナオミ)

    SE、通信教育講座の編集、IT系出版社の書籍編集を経てフリーランスへ。IT分野で原稿を書いたり編集したり翻訳したり。

  • 市古 明典(IT人材ラボ ラボ長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者(兼MS Access担当)を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、資格学習書と開発者向けWebメディア両方の経験を活かして「資格Zine」を立ち上げ。「IT人材ラボ」はその拡張版となる。

バックナンバー

連載:インタビュー

もっと読む

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0