Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

卒業後も3年間トラブルシューティングアドバイスを提供するオンライン講座「DIC Railsチュートリアルコース」を新設―Dive into Code

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/02 12:48

 プログラミングスクールを運営するDive into Codeは、Rails技術者認定試験運営委員会でテクニカルアドバイザーを務める安川要平氏によるオンライン動画研修を新設。10月2日より受付を開始した。開講は11月1日。受講者特典として、卒業後も3年間、Ruby on Railsに関するトラブルシューティングアドバイスを提供するという。

 Dive into Code(以下、DIC)によれば、Ruby on Rails(以下、Rails)は国内でも年間1.6倍で求人が伸びており、慢性的なエンジニア不足が続いているという。これを受け、DICではRailsエンジニアを供給するため、DIC Railsチュートリアルコースを新設。Webサイト「Railsチュートリアル[1]」の運営者であり、Rails技術者認定試験運営委員会でテクニカルアドバイザーを務める安川要平氏によるオンライン動画研修を提供する。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0