Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

人工知能(AI)を用いて人材配置を支援する専門組織「ピープルアナリティクスラボ」を設立―パーソル総合研究所

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/10 08:00

 パーソル総合研究所は、人工知能(AI)を活用して最適な人材配置を支援する専門部隊「ピープルアナリティクスラボ」の設立を発表した。ピープルアナリティクスラボは、専門のデータサイエンティストが顧客企業の人事ビッグデータを解析し、各社員の活躍の可能性や離職リスクを見える化して、社員のパフォーマンスを最大化するための人材活用提案を行う。

 パーソル総合研究所は、総合人材サービスを提供するパーソルキャリアの総合研究機関。そのピープルアナリティクスラボが提供するサービスは、次のようになっている。

適正配置モデルの構築
好業績に結びつく「行動特性」と、行動特性を生み出す源泉である「能力特性」の両者の因果関係と評価点との関係性により、各従業員の活躍できる組織と職務を予測し、適材適所を見つけ出す。
退職者予測モデルの構築
機械学習手法などの統計的手法を用いて、企業に蓄積された社員の人事ビッグデータを分析し、退職確率を予測する「退職者モデル」を構築する。これにより、退職前に活用方法を検討するなどの対応が可能となる。
ハイパフォーマー分析
社外アセスメントを活用して割り出した人材の市場価値や、パフォーマンスが高い社員の特性を分析した結果に基づいて、採用人材像の設定や、選抜育成・適正配置を支援する。

 パーソルキャリアでは、2015年よりグループ内社員を対象とした人材分析(ピープルアナリティクス)に取り組んできた。ピープルアナリティクスラボの設立を機に、グループ内で蓄積した知見を生かしつつ、企業の生産性向上や働く個人の活躍に資するソリューションを提供していくという。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0