Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

「t検定」で平均の差を比較する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/30 08:00

 今回は、新卒採用者と中途採用者の特徴、研修前後の職務遂行能力の発揮状況など、「異なるグループ間」あるいは「異なる時点間」で差を比較する際に用いる方法であるt検定についてご紹介します。

今回の「人事データ活用入門」について(編集部)

 本記事は、人材育成や組織開発などの支援を行う株式会社リクルートマネジメントソリューションズの「連載・コラム」コーナーで、2017年10月16日に公開されたこちらの記事を、同社のご協力によりIT人材ラボへ転載しているものです。

差の比較を行う

 「新卒採用者と中途採用者、どちらが自社に適応しているかを確認したい」という問題意識があったとします。その場合、例えば以下のようなアプローチで分析を行うことができます。

(1)新卒採用者と中途採用者、双方に「あなたは、この会社で自分の能力を発揮できていますか」という項目について、リッカート形式の5件法(5点:あてはまる/4点:ややあてはまる/3点:どちらともいえない/2点:ややあてはまらない/1点:あてはまらない)でアンケートを行う

(2)アンケート結果について、新卒採用者と中途採用者、それぞれの平均を取って差を比較し、アンケート得点が高い方が適応していると考える

 上記について、新卒採用者のアンケート結果の平均が3.8点、中途採用者のアンケートの平均が2.2点という結果が得られたとします。この場合、皆さんは「新卒採用者の方が、アンケートの得点が高い」と考えるでしょうか。それとも、「この結果だけでは、アンケートの得点が高いとはいえない」と考えるでしょうか。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:人事データ活用入門
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0