Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

アート+ロジックによる発想力強化でVUCA時代の課題解決力を高めるための新コースを開講―リクルートマネジメントスクール

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/01 12:00

 リクルートマネジメントソリューションズが運営するリクルートマネジメントスクールは、法人向け公開型研修サービス「リクルートマネジメントスクール」に新コースとして「ART&LOGIC(アート・アンド・ロジック)〜感性とロジックを活用した発想力強化〜」を追加し、2018年2月14日(水)から開講することを発表した。このコースでは、従来の分析や理論に軸を置いた意思決定だけでなく、全体を直感的に捉える完成や創造力を駆使した課題解決へと着目した内容だという。

 「VUCA[1]」という言葉に代表されるように、政治経済や社会情勢は変化が激しく、行き先の不透明さは増している。意思決定や判断が難しくなる中、米国ではMBA(経営学修士)以上にMAF(美術学修士)が注目されているという。

 リクルートマネジメントスクールも、今後強く求められるビジネススキルの1つとして、「ロジック(左脳)と感性・感覚(右脳)の両方を活用し、全体をフラットかつ客観的に捉える力と正確なアウトプット力をベースに、課題を独自の視点で発見し、創造的に解決する力(デザイン・クリエイティブ思考の源泉)」を高めていく必要があるとし、それを習得するための新コース設置に至った。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0