Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

未経験者をエンジニアとして新卒採用する勇気の必要性

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Dento[著]
2017/11/09 08:00

 天気の変化が激しいこのごろ、いかがお過ごしだろうか。「20代〜30代のキャリアを考えるブログ」を運営しているDentoだ。多くの企業、特にWeb業界はエンジニアの確保に苦しんでいると思う。基本的には理系人材へアプローチしつつ、インターンシップを通じて簡単なコーディングやWebサービス作成ができる人を採用している、というところがほとんどではなかろうか。一方で、「未経験者」の採用はハードルが高く、あまり取り組めていないのが実情かもしれない。そこで今回は、未経験者をエンジニアとして採用することに関して提案していきたい。

著者のDento氏が運営する「20代〜30代のキャリアを考えるブログ」もあわせてご覧ください

なぜ未経験者を採用するのを躊躇しているか

 未経験者の採用を躊躇している理由には、大きく2つあるのではなかろうか。

 1つ目は「教育コストの高さ」だ。未経験だと戦力のあるエンジニアとして現場に入るまで数か月以上かかることも珍しくない。それまでに人件費、書籍代、セミナー代と高いお金がかかる。そして、身についたと思ったら他社に転職してしまったということも珍しくない。

 こうした教育コストの高さは、未経験者採用を躊躇する主な原因になっているだろう。特に入社後は保険代、時にはボーナスも支払いなどが発生し、1円も生み出していない人に払う金額もはねあがってしまう。

 2つ目は「エンジニアという仕事に向いているかわからない」という点だ。エンジニアという仕事を未経験だけどやりたいですという人が、やっぱり向いていませんでしたということになると、採用にかけた時間が無駄になってしまう。そのため、経験のある人を採用するほうが理にかなっているだろう。「やっぱ、オレにはダメでした」と言い残して去るのを見たことがある人もいるのではなかろうか。

 だが、空前のエンジニア不足である現状において、エンジニア採用に関して文句を言ってはいられないだろう。有名なメガベンチャーでも、Webエンジニアに関しては「来てください」というスタンスなので、通常の企業が経験者、特にスキルのある人の獲得合戦で勝つのは難しい。

 そこで、未経験者をどのように採用していったらよいかを提案したい。未経験者の採用は難しいのは承知だが、育成によっては可能性があることを示したい。特に内定者期間にするべきことや、採用にあたってのターゲティングについて、「教育コスト」に着目して述べさせていただく。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Dento(デント)

    自身の経験を基にトップ校の新卒学生から20代、30代に向けたキャリアアドバイスを数多く実施。キャリア論を発信したブログ「20代~30代のキャリアを考えるブログ」が多くのビジネスパーソンから支持される。
    20代~30代のキャリアを考えるブログ: https://www.careerhigh.jp

バックナンバー

連載:20代~30代のキャリアを考えるブログ 出張版

もっと読む

All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0