Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

ITベンチャーで使える外資系企業の採用術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Dento[著]
2017/11/22 08:00

 「20代~30代のキャリアを考えるブログ」を運営しているDentoだ。これまで採用や人材育成に関する話題で執筆してきたが、本日は、就職人気ランキング上位に挙がる「外資系企業」の採用手法について書きたいと思う。有名どころのITベンチャー企業には、外資系企業志望層を採用しようと狙っている会社もある。外資系企業についての理解と、ITベンチャーの採用活動の一助となれば幸いである。

著者のDento氏が運営する「20代〜30代のキャリアを考えるブログ」もあわせてご覧ください

外資系企業の採用はここが優れている

 外資系企業のうち、人気のある業界には2つある。1つは、ゴールドマンサックスをはじめとする外資系投資銀行、もう1つは、マッキンゼーをはじめとする外資系コンサルティングファームだ。加えて、P&Gをはじめとする外資系メーカーや、Googleといった外資系IT企業が含まれることもある。

 これらの企業は、上位校の学生の中でも優秀層を惹きつけている。その理由をいくつか挙げてみよう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Dento(デント)

    自身の経験を基にトップ校の新卒学生から20代、30代に向けたキャリアアドバイスを数多く実施。キャリア論を発信したブログ「20代~30代のキャリアを考えるブログ」が多くのビジネスパーソンから支持される。
    20代~30代のキャリアを考えるブログ: http://www.careerhigh.jp

バックナンバー

連載:20代~30代のキャリアを考えるブログ 出張版
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0