Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

自分の会社を友人に就職先として薦めたいのは2割にとどまる―アデコのエンゲージメントに関する意識調査結果

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/12/27 08:00

 総合人事・人材サービスを展開するアデコは、は、20代〜60代の働く人を対象に「従業員エンゲージメント」に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表した。その結果からは、会社に誇りや愛着を感じているにもかかわらず、友人に自分の会社への就職・転職を薦めたい人は2割にとどまっていることがわかった。

 この調査は、2017年10月4日〜10月9日にインターネット上で行われ、有効回答は1993人だった。 調査結果からは、次の4点がサマリーとして読み取れる。

  • 「会社に誇りや愛着を感じている」人は約半数。その理由は、「仕事に社会的な意義を感じている」こと(47.4%)
  • 期待される以上の仕事をしたいと考える人は約5割だが、どちらともいえないも4割近く
  • 友人に自分の会社への就職・転職を薦めたい、2割未満にとどまる
  • 給与やポジション、評価に関する不満が、自社への貢献意欲や誇りを喪失させている

 さらに調査結果詳細を見ていくと次のようになる。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0