Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

6割以上の学校が選考につながるインターンシップに対して反対の意を表す―アイデムが調査結果を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/12 09:28

 アイデムの運営するWebサイト「人と仕事研究所」では、全国の大学270校・キャンパスを対象に、キャリア支援・就職支援に関する実態調査を実施し、その調査結果を発表した。調査結果からは、6割以上の学校が選考につながるインターンシップに対して反対の意を表していることがわかった。この数値を前年調査と比較すると、反対派が7.2ポイント増加しているという。

 この調査は全国の大学キャリア支援・就職支援部門に対して、2017年10月23日から11月28日にかけ、郵送とインターネット調査によって行われた。270校・キャンパスから有効回答が得られたとしている。

 まず、「若者雇用促進法」への取り組みを聞いたところ、6割(66.4%)の学校がなんらかの取り組みを行っていると回答しており、前年調査に比べ、14.5ポイント増加している。具体的なない湯緒は「求人票を受け付ける企業に、詳細な雇用情報の提供を求める」が77.8%で、最多となっている。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0