Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

約7割の企業が「クラウドのデータ管理責任はサービスプロバイダーにある」と回答―ベリタステクノロジーズの調査結果

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/30 13:00

 データ管理に関するソリューションなど提供するベリタステクノロジーズ(以下、ベリタス)は、世界13か国を対象としたクラウドに関するグローバルな調査結果を「Truth in Cloud(以下、クラウドの真実)」 として発表した。調査結果からは、クラウドサービスを利用する場合、約7割(69%)の企業が「データ管理の責任はクラウドサービス側にある」と考えていることがわかったという。

 この調査は、ベリタスの委託を受けて Vanson Bourneが実施した調査「クラウドの真実」レポートは、世界中のビジネスやITの意思決定者1200人(うち日本の意思決定者100人)を対象に行われた。

 「自社で新しいアプリケーションやワークロードを導入する場合、そのアプローチとして最も近いものはどれですか」という質問に対し、「クラウド(IaaS)を最重視(クラウドファーストという考え方で行動する)」と回答した企業は56%、「クラウド(IaaS)を検討する前にオンプレミスを検討する」と回答した企業は43%だった。この結果を見る限り、まずクラウドと考える企業が半数以上あるとはいえ、オンプレミスを優先という企業も多いことがわかる。

「まずクラウド」という企業が過半数だが、オンプレミスを優先する企業も多いことがわかった(出典:プレスリリース)
「まずクラウド」という企業が過半数だが、オンプレミスを優先する企業も多いことがわかった(出典:プレスリリース)[画像クリックで拡大表示]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2018/01/30 13:01 /article/detail/910
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0