Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

「海外から日本の求人情報を検索した人」「日本から海外の求人情報を検索した人」に関するデータを発表―インディード

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/02/08 08:35

 求人検索サイトを運営するIndeed (インディード)の日本法人Indeed Japanは、Indeed上で検索された「日本から海外の仕事を検索した人」と「海外から日本国内の仕事を検索した人」に関するデータをもとにして、国別の求人検索数とその伸び率について発表した。

 検索数ランキンク(2017年6月〜9月の検索数から算出)からは、日本国内の仕事を検索している求職者がどの国からアクセスしているのかがわかる。最も多いのはアメリカで、就業先として日本に興味を持っている求職者全体の約32%を占めていた。一方、海外の仕事を検索している日本国内の求職者を見ると、アメリカでの職を検索した人が約48%と最も多く、国を越えて仕事探しをする求職者にとって、日本とアメリカはには相互性があることがうかがえるという。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0