Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

40万人の人材業界動向データベースを提供開始、人材市場の基礎データから就業意識まで―インテージ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/02/08 09:03

 インテージは、40万人の人材市場(転職・就活・派遣・パート・アルバイト)での動向や就業意識、検討プロセスなどを聴取した大規模データベース「HR-kit」の提供を開始した。このDBを使うと、基礎データの収集はもちろん、就職/転職活動のステータス別などの切り口から分析が可能になるという。

 HR-Kitには、全国40万人にのぼる大規模調査によりデータを集積した。市場規模や市場概況といった基礎データを閲覧でき、就職や転職活動といったステータス別の分析が可能。就職、転職、派遣、パート・アルバイトといった市場ごとの構成を把握できるほか、意識や価値観などのデータも登録されているため、意識に踏み込んだデータ分析も行える。

 基礎データ収集のための調査は四半期に1度(4月、7月、10月、1月)実施。データの鮮度を維持している。

 インテージでは活用イメージとして、次のものを挙げている。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0