Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

プログラミング実力をレーティングして就職・転職活動に利用する新サービス「AtCoderJobs」のリリースが決定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/02/09 08:00

 プログラミングコンテスト開催サイトを運営するAtCoderは、プログラマーが実力をレーティングで証明しつつ就職や転職活動ができる転職求職支援サービス「AtCoderJobs」のリリースを発表した。リリースは3月1日を予定している。

 同社は毎週、運営するサイト内でプログラミングコンテストを開催。サイトには約4万5000人(うち日本人は約3万1000人)が参加登録し、毎週開催される定期コンテストには約2000人が参加しているという。同社はコンテストの成績から参加者にレーティングを付け、実力の指標としている。

 今回、提供を決定した新たなサービスは、コンテスト参加者をレーティングから8段階にランク付けした「AtCoderランク」を作成し、これを転職や求職支援サービスに利用するというもの。ランクにより応募・エントリーできる求人が決定され、同サービスから応募した参加者は各企業の採用担当者とメッセージのやり取りをすることができるという。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0