Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

入社1年目で4割が転職を検討―ディスコが2017年度新入社員を対象にした調査結果を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/02/20 08:00

 ディスコは同社の元「キャリタス就活2017」学生モニターである2017年度新入社員を対象に、現在のキャリア満足度について調査・分析を行い、その結果を「元『キャリタス就活2017 学生モニター』入社1年目のキャリア満足度調査」として発表した。この調査からは、選考解禁が前年の8月から6月へと前倒しになり、「短期決戦」となった2017年卒学生の本音が見えてくる。

 この調査は、同社の就職支援サービス「キャリタス就活」の2017年度卒元学生モニターを対象に、2018年1月17日から1月29日にかけて、インターネット調査法を使って行われた。回答者数は455人(男性258人、女性197人)。設問は現在は社会人1年目となった彼らの勤務先企業への満足度や転職意向などを尋ねている。また、入社決定した時と現在で、勤務先企業への満足度や企業選びの基準がどのように変化したかにも着目して分析している。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0