Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

サイバーセキュリティのアウトソーシングと人材サービスを融合した「e-gate」を提供開始―サービス&セキュリティ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/05 08:00

 サービス&セキュリティ(以下、SSK)は3月1日、セキュリティオペレーションセンター「e-Gateセンター」を開設し、サイバーセキュリティに関するアウトソーシングと人材提供を融合したサービス「e-Gate」の提供を開始した。

 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを控え、日本国内でもインフラに対するサイバーセキュリティ対策が重要な課題とされている。さらに、2020年には国内のサイバーセキュリティ人材が20万人弱不足するという、経済産業省の調査結果もある。SSKはこうした状況を鑑み、サイバーセキュリティのアウトソーシングとエンジニア提供を融合したサービス「e-Gate」をリリースした。

 e-Gateでは、セキュリティ人材サービス、セキュリティ運用管理サービス、セキュリティ対策支援サービスを軸に、顧客のサイバーセキュリティ対策をトータルにサポートする。サービス導入後のアフターフォローも行う。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0