Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

開発チームを時間単位でシェアする定額制アジャイル開発サービスを開始―スパイスファクトリー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/13 08:23

 スパイスファクトリーは、開発チームを時間単位でシェアする月額定額制のアジャイル開発サービス「TEAM SHARE」をリリースした。単純な労働時間ではなく、スキルに応じて時間を調整することで、生産性のばらつきを押さえ安定したアウトプットをもたらすという。

 アジャイル開発とは、始めから大きなシステムを作るのではなく、細切れにして小さなところから開発・リリースを行い、ユーザーの反応を見ながら次の展開を考え、それを繰り返して大きなシステムを作り上げていく開発手法。これまでの主流とされていたウォーターフォール手法よりも、仕様変更や追加に柔軟に対応できることが特徴。

 SES(常駐開発)や人材派遣を利用する場合の大きなリスクの1つに、派遣されるエンジニアによって生産性に大きなバラつきがある点があるが、スパイスファクトリーが提供を開始したTEAM SHAREでは、「Adjust The Time」という独自の仕組みを用意し、このような生産性のバラつきを極力抑える。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0