Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

著者情報

  • 市古 明典(IT人材ラボ ラボ長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者(兼MS Access担当)を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、資格学習書と開発者向けWebメディア両方の経験を活かして「資格Zine」を立ち上げ。2017年7月にその拡張版として「IT人材ラボ」をスタートさせた。

執筆記事

  • 2019/12/11

    エンジニアリング組織のHRBP、その立ち位置と提供価値――メルカリ 増田悠氏、田井美可子氏

    経営と人事をつなぐ重要な役割として、先駆的な企業から導入が進んでいるポジション「HRBP(HRビジネスパートナー)」。このHRBPに就いている人は、実際どのような責務を負い、どのような仕事をしているのだろうか。また、エンジニアリング組織にHRBPを置くことのメリットとは。株式会社メルカリ HR Business Partnerの増田悠氏と田井美可子氏に話を聞いた。

  • 2019/12/06

    全国学生ハッカソン「JPHACKS」の決勝戦「Award Day」が開催、優勝は受賞チーム自身が驚く結果に

     全国7会場(札幌・仙台・東京・名古屋・神戸・福岡・沖縄)に学生が集い、社会や自分の生活をより良くするソフトウェア、システムを開発するハッカソン「JPHACKS(ジャパンハックス)」。開催6回目を迎える今年は78チーム・313名が参加し、10月に開かれた2日間の「Hack Day」で各チームがアイデアに富んだプロダクトを開発した。そして11月9日、Hack Dayで開発された全プロダクトを厳正に審査した結果選ばれた15チームがファイナリストとして東京大学(東京・文京)に集合。優勝を目指して最終プ...

  • 2019/11/25

    デジタル時代に求められるエグゼクティブ・リーダー・スタッフのマインドセットは何か――ITR 舘野真人氏

     ITに関する市場調査ならびにコンサルティングを展開するITRは10月3日、東京・新宿の京王プラザホテルで年次イベント「ITR Trends 2019」を開催した。今年のテーマは「テクノロジの転換期に求められる企業戦略」で、デジタルテクノロジーを活用してビジネス上の成果を得るためには、技術的な施策にとどまらず、推進体制やプロセスのほか、行動様式や組織文化の転換も必要になるというメッセージを送った。本稿では、同イベントの中でデジタル人材にフォーカスしたセッション「デジタル時代への転換期の今こそ、求...

  • 2019/11/18

    不確実性の時代のリーダーが持つべきは「聞く耳」、そのスキル・マインドを育成するための鍵やトレーニングとは

     かつてリーダーは部下の見本や規範であり、「オレについてこい!」と牽引する存在だった。しかし、VUCA(変動・不確実・複雑・曖昧)の時代を迎えイノベーションが期待されるいま、リーダー像は大きく変わりつつある。これから求められるリーダーの人物像と、その育成で鍵になるものとは何か。長年にわたり人材開発分野でキャリアを築いてきた米コーナーストーンのハイディ・スピルギ氏に聞いた。

  • 2019/11/13

    現場のエンジニア、マネージャーをスキル向上から生き方・働き方までサポートするキャリアコンサルタントの仕事

     変化の激しいIT業界において、現在の職場環境や将来のキャリアに不安を感じているITエンジニアは少なくないだろう。株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリには、そんな社内のITエンジニアを支えるため、キャリアコンサルタントが12年も前から活動しているという。具体的にはどのような役割を果たしているのか。同社 ビジネスマネジメント本部 人事部 キャリア支援室 エグゼクティブ・コンサルタントの島村泰子氏に話を聞いた。

  • 2019/11/11

    KAKEAI――あらゆる現場で最大の課題「上司の効果的な部下への関わり方」を脳科学の応用で支援

     あなたが部下を持っていた場合、「部下の力を最大限引き出せている」と自信を持って断言できるだろうか。人的リソースが希少化している今、部下を辞めさせないのはもちろんのこと、部下が自分の力を発揮できる環境を作ることは、これまで以上に重要なマネージャーの責務となっている。そんな現場のマネージャーを支援してくれるツールが「KAKEAI」だ。株式会社KAKEAI 代表取締役社長 兼 CEOの本田英貴氏に話を聞いた。

  • 2019/11/07

    理系のトップ学生がITエンジニアを目指すベトナム、来日入社の有望株だが活躍してもらうにはここに配慮

     ITエンジニアの人材不足が続く日本。国内だけでは需要をまかなえず、海外の人材に目を向ける動きが加速している。その中で、理系のトップ学生がITエンジニアを目指すというベトナムは有望な国の1つだ。本稿では、ベトナムを主軸とした人材開発および人材紹介を手掛ける株式会社Sun Asteriskの大西健資氏と、2年前にベトナムから来日し同社で人材コンサルタントとして働くグエン・ティ・ ヒエン氏に、ベトナムから人材を迎えるためのポイントについて尋ねた。

112件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0