Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

著者情報

  • 八鍬 悟志(ヤクワ サトシ)

    都内の出版社に12年勤めたのちフリーランス・ライターへ。得意ジャンルは労働者の実像に迫るルポルタージュと国内外の紀行文。特にヒンドゥ教の修行僧であるサドゥを追いかけたルポルタージュと、八重山諸島を描いた紀行文には定評がある。20年かけて日本百名山の制覇を目指しているほか、国内外を走るサイクリストとしての一面も。

執筆記事

  • 2020/01/10

    これからも価値を出し続ける覚悟、歴史あるSIerが技術組織を中から変える

     ビジネスでも存在意義でも、いま岐路に立たされているのがシステムインテグレーターだ。ユーザー企業から指示されたものを開発するのではなく、ユーザー企業から「それが欲しかった」と言われるものを提案・提供していかねばならない。そのために必要なのがUX(ユーザー体験)でありDX(デジタルトランスフォーメーション)を実装する力だ。株式会社セゾン情報システムズもその獲得を目指してきた1社。同社はその取り組みを、カサレアルが11月14日に開催したイベント「各社が語る!社内エンジニア育成の戦略と実践 セミナー」...

  • 2019/11/07

    理系のトップ学生がITエンジニアを目指すベトナム、来日入社の有望株だが活躍してもらうにはここに配慮

     ITエンジニアの人材不足が続く日本。国内だけでは需要をまかなえず、海外の人材に目を向ける動きが加速している。その中で、理系のトップ学生がITエンジニアを目指すというベトナムは有望な国の1つだ。本稿では、ベトナムを主軸とした人材開発および人材紹介を手掛ける株式会社Sun Asteriskの大西健資氏と、2年前にベトナムから来日し同社で人材コンサルタントとして働くグエン・ティ・ ヒエン氏に、ベトナムから人材を迎えるためのポイントについて尋ねた。

  • 2019/10/28

    Findy――GitHubにあるソースコードからスキル偏差値を算出、日々アルゴリズムを改善し確度の高いマッチングを実現

     エンジニアに特化したマッチングサービス「Findy」。候補者となるエンジニアがソースコード共有サービスGitHubに公開しているソースコードを解析し、スキル偏差値としてスコア化。採用企業はスキル条件だけでなくスキル偏差値も見て、その人にスカウトを送ることができる。なぜ、このようなサービスを開発し創業するに至ったのか。また、マッチングが成立し採用に至るときのポイントとは何か。会社としてのビジョンとは。Findyを開発するファインディ株式会社 代表取締役 山田裕一朗氏とCTO 佐藤将高氏に話を聞い...

  • 2019/10/21

    ポイントはおもてなし?! なぜ“メスライオン”は欲しいと思うエンジニアを次々に採用できるのか――ネオキャリア 宇田川奈津紀氏

     欲しいと思ったエンジニアは必ず採用する――そんな凄腕として名を馳せているのが、株式会社ネオキャリアで中途採用の責任者を務める宇田川奈津紀氏だ。“メスライオン”という同氏の愛称を聞いたことのある方も多いだろう。その宇田川氏が、8月27日に開催されたイベント「IT人材ラボ Day 2019 Summer」に登壇。エンジニア経験のない同氏が現場が必要とするエンジニアを次々に採用していくノウハウや考え方、姿勢などを余すところなく明かした。本稿では、そのセッションの模様をお伝えする。

  • 2019/10/04

    競争力のあるサービスを提供するために採用するべきエンジニアとは? 彼らはどこから採用できるのか?

     ITを活用したサービス・ビジネスは競争が激しくなる一方だ。勝つためには実装力のあるエンジニアが必要となるが、競争力のある企業はどのようなエンジニアをどう採用しているのか。本稿では、この点をテーマとするイベント「株式会社ビズリーチ CTOが「今、求めるエンジニア」を経営戦略から語る(AgileHR day #Sprint10)」で行われたパネルディスカッションの模様をリポートする。パネリストは株式会社ビズリーチの竹内真氏(取締役 CTO 兼 CPO)と株式会社ギブリーの池田秀行氏(取締役CTO)...

  • 2019/08/23

    マネージャーを廃し自律・分散・協調を目指すネットプロテクションズの人事制度「Natura」、評価や意思決定は?

     通販向け決済システムなどを運営する株式会社ネットプロテクションズは、昨年10月に全社においてマネージャー職を撤廃した。代わりに行ったのが、情報・ヒト・カネの采配に権限を持つカタリストという役割の新設、360度評価の徹底、そしてバンドと呼ぶグレード制度の導入などだ。ネットプロテクションズはなぜ人事制度の刷新に踏み切ったのか、移行後にどんな課題が見えてきたのか。同社の釣巻創氏(人事総務グループ)、渡辺悠太氏(マーケティンググループ 兼 人事総務グループ)に話を聞いた。

  • 2019/07/24

    Unipos――なにげない隠れた貢献を全社員で共有し称え合う文化を醸成、モチベーションとパフォーマンスを向上させる

     「Unipos」は、仕事上のちょっとしたお礼として、従業員同士が全社で共有されるメッセージとともに、“ピアボーナス”という少額のお金を送り合う仕組みを企業に提供するソリューションだ。「Uniposを導入すると、社内の雰囲気は劇的に良くなる」――同ソリューションの開発元であるUnipos株式会社 代表取締役社長の斉藤知明氏はそう胸を張るが、その秘密は何か。そもそも、なぜUniposは生み出されたのか。わざわざお礼を送り合う文化は根付くものなのか。斉藤氏に聞いた。

33件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0