Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

著者情報

  • 曽和 利光(ソワ トシミツ)

    1995年京都大学教育学部教育心理学科卒業。同年株式会社リクルート入社。人事部にて採用・教育・制度・組織開発等の担当、HC(Human Capital)ソリューショングループでの 組織人事コンサルタントを経て、人事部採用グループのゼネラルマネジャーとして最終面接官等を担当。2009年ライフネット生命保険総務部長、オープンハウス組織開発本部長等。ベンチャー企業の人事責任者を担当。2011年株式会社人材研究所(Talented People Laboratory Inc.)設立。代表取締役社長就任。現在、リクナビ企業側画面で、コラム「採用の教科書」を連載中

執筆記事

  • 2019/11/20

    マネジメントしなくて済む人を採用すればマネジメントはいらない

     マネジメントの目的は、会社として目指すゴールに向けてメンバーに活躍してもらうことでしょう。しかし、人はそれぞれの考えや思いで行動するため、誰もが同じイメージ、価値感でゴールを目指すことを期待するのは難しい。だからマネジメントが必要になるわけですが、その負担は心身のバランスを壊す人が出るほど大きなものです。そこで今回は、マネジメントの負担をできる限り小さくするための方法として「採用」を見直してみます。

  • 2019/10/17

    マネジャーの「育てる力」をいかに育てるか――知るべき2つのポイントと力がつくワークショップの手順

     部下を育てることは、マネジャーの重要な職務の1つです。しかし、その難しさに悩んでいる方も多いでしょう。今回は、その「部下をいかにして育てるか」がテーマです。基本路線は「仕事を通じて育てる」。悩ましいのはどのような仕事を任せるかですが、それを適切に判断するためにマネジャーが知っておくべき2つのことをここでは紹介します。さらに、マネジャーの育てる力を養うワークショップの進め方もご案内します。

  • 2019/09/20

    中途社員を退職に追い込む「たこツボ」から救い出す方法

     会社勤めをしていれば、大半の人が気になるのが社内のコネクション(つながり)でしょう。自分がどのコネクションからも外されている・壁が作られていると思ったら、社内にいるのは苦痛で仕方ありません。最悪の場合、退職もやむなしです。今回は、特にそうした境遇になりがちな中途社員を、人事はどうしたら救えるのかというお話です。

  • 2019/08/26

    「コミュニケーション能力重視」が組織を崩壊させる

     マネジャーのマネジメント能力不足は、多くの企業で共通の悩みとなっているようです。とはいえ、マネジャーの育成は容易ではありませんし、時間もかかります。どうすればよいのか――この連載では、そうした課題を抱える組織でも運営を滞りなく進めるためのヒントを紹介していきます。今回のテーマは、コミュニケーション能力重視の誤りが引き起こす弊害です。システムの開発・運用でも重視されることの多いコミュニケーションですが、その能力の高さを評価することにどんな害悪があるというのでしょうか。

  • 2019/07/26

    メンバーに創造性を発揮してもらうために必要なものは自由ではない

     マネジャーのマネジメント能力不足は、多くの企業で共通の悩みとなっているようです。とはいえ、マネジャーの育成は容易ではありませんし、時間もかかります。どうすればよいのか――この連載では、そうした課題を抱える組織でも運営を滞りなく進めるためのヒントを紹介していきます。今回のテーマは、メンバーに創造性を発揮してもらう方法です。どうしたら、イノベーティブでクリエイティブな仕事をし、成果も上がるのか。そこには常識的な思い込みとは逆の発想・手段が必要でした。

  • 2019/07/01

    マネジャーを「言いにくいことを言うこと」から解放する

     マネジャーのマネジメント能力不足は、多くの企業で共通の悩みとなっているようです。とはいえ、マネジャーの育成は容易ではありませんし、時間もかかります。どうすればよいのか――この連載では、そうした課題を抱える組織でも運営を滞りなく進めるためのヒントを紹介していきます。今回のテーマは、マネジャーに大きな負担がかかる、メンバーへの「ネガティブフィードバック」をどうするかです。

  • 2019/05/22

    マネジメント能力の低さを前提にした組織運営を考える

     マネジャーのマネジメント能力不足は、多くの企業で共通の悩みとなっているようです。とはいえ、マネジャーの育成は容易ではありませんし、時間もかかります。それではどうすればよいのか――この連載では、そうした課題を抱える組織の運営を滞りなく進めるためのヒントを紹介していきます。

7件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0