Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

「評価」記事一覧

評価

4件中1~4件を表示
  • 2017/07/21

    人事データに潜む2つの罠

     最近では、表計算ソフト、統計解析ソフト、BI(ビジネスインテリジェンス)ツール、そして機械学習プラットフォームなどさまざまなツールが普及し、「分かりやすい図表でデータを整理すること」「統計解析を行うこと」が以前よりも手軽に実現できるようになりました。しかし、人事データ、特に評価データには、さまざまな癖があります。それを理解せずに集計・分析し、その結果に基づいて改善施策などを検討しても、そもそもの前提がずれている可能性があるため、せっかくの結果が無駄になってしまうかもしれません。そこで今回は、評...

  • 2017/07/14

    人事ビッグデータとは何モノなのか?

     企業内では、人や組織に関するデータがさまざまな目的のもと取得され、蓄積されています。私はこれまで10年以上、人事データを活用した研究を行い、その知見を生かして企業の分析サポートを行ってきましたが、年々人事データ活用に関するご要望が増えると共に、その内容が高度化していることを実感しています。一方で、急速に人事データ活用に注目が集まるなか、「何から手をつければよいのかが分からない」という声を聞くことも少なくありません。そこで、「人事データ活用 はじめの一歩」として何ができるのかを皆さんと一緒に考え...

  • 2017/07/07

    「アウトプット」「セルフコントロール」「スキル」の3軸で考える ギブリーのエンジニア評価制度

     ギブリーは、「エンジニアが活躍できる世界をつくる」ことを事業とする企業です。エンジニアが適切な教育機会を得ること、適切に評価されること、キャリアアップにつながるチャンスが得られることを目標にサービスを展開しています。そのため、ギブリー自身が「エンジニアにとって最高の職場でなければならない」という信念を持っています。また、約半数が外国籍というエンジニアメンバーでチームを機能させるための工夫も必要でした。このような前提の下、ギブリーのエンジニアにとってベストな評価制度は何か。本稿では、試行錯誤して...

  • 2016/05/09

    現場で評価される資格は? 資格で得た知識・スキルが役立つ場面とは? 講師・コンサル・CTOの意見交換で明らかに

     IT技術を取り巻く様々な変化のもと、エンジニアに求められる知識・スキルは急激にその範囲を広げているようだ。それらを効率的に身につける方法として、今まで以上に「資格」学習・取得が注目されているが、一方では「資格は現場で役に立たない」という評価も少なくない。はたして価値があるのか。どのような資格取得が望ましいのか。2月18日に東京・目黒雅叙園で開催された翔泳社のIT技術カンファレンス「Developers Summit 2016」では、これをテーマにパネルディスカッションが開かれ(セッション番号:...

4件中1~4件を表示
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0