Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

現場を巻き込んだら採用アイデアが湧き出した!/「採用時の評価」のガイドライン

-[Vol.027]-------------------------------------------------------
このメールはIT人材ラボで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

皆さま、こんにちは。IT人材ラボ ラボ長の市古です。

お盆のお休みは無事取れましたでしょうか。
春から続いた新卒採用やサマーインターンシップ募集のあわただしさも
一段落し、久しぶりにゆっくりできたという方がいらっしゃるかもしれ
ませんね。

一方で「採用活動はまだまだ継続中」という方もいらっしゃるかと思い
ます。また、最近増えている通年採用を行っている企業のご担当者は、
通常営業中となるでしょうか。

面接や試験を受けに来た学生、候補者の方に、冷たい水を差し上げると
よいかもしれません。この暑さの中、少しでもよいコンディションで
面接や試験を受けてもらいたいですし、企業の印象もぐっと高まると
思いますよ。

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] ニュースヘッドライン
[3] 人気記事ランキング
[4] 配信停止の方法

IT人材ラボのTwitterアカウント、Facebookページも公開して
います。
* Twitter  => https://twitter.com/it_jinzai_lab
* Facebook => 

また、記事のリクエストも大歓迎です。その他のご要望にも柔軟に
対応してまいりますので、メールにてどしどしお寄せください。
* リクエスト => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(8/6~8/20)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆クラウドテクノロジーを戦略的に活用できるDigital Readyな人材を育てる――
 クラウド認定評議会代表 Mark O'Loughlin氏
〈インタビュー | ITエンジニアに今求められるクラウドの学び〉
 利用がますます拡大するクラウド。もはや、クラウド利用抜きにビジネスモデル
を検討することはありえないだろう。一方で、クラウドに対する正しい理解をしな
いまま、ガバナンスが利かないままに利用だけが先行している実態もある。こうし
た危険な状況を鑑み、米国で設立されたのが「クラウド認定評議会(Cloud Creden
tial Council)」である。本稿では、同評議会で代表を務めるMark O'Loughlin氏
に活動の目的・内容などを聞いた。


◆Y(良い人を)J(自分たちで)C(ちゃんと採用する)プロジェクトで現場を巻
 き込んだら採用アイデアが湧き出した!――サイバーエージェント 新卒採用責
 任者 小澤政生氏(2)
〈インタビュー | サイバーエージェントの学生を惹きつける新卒採用〉
 「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、新卒採用でもそれを実践す
る株式会社サイバーエージェント。前回は通年採用や個別対応のほか、インターン
シップのメニューとして行われた研修中に生まれた企画を、同社社長の藤田晋氏の
判断でその場で事業会社化が決定したことなどをお伝えした。今回は昨年12月から
同社で始まったユニークな新卒採用プロジェクト「YJC」について、その詳しい内
容と成果を同社 採用育成本部 新卒採用責任者の小澤政生氏にうかがった。


◆成果を出すITエンジニアを見極める「採用時の評価」のガイドライン
〈これからのITエンジニア組織の作り方 | 第2回〉
 前回は採用したITエンジニアに行う評価のガイドラインについて解説しました。
今回は“採用時”の評価のガイドラインを紹介したいと思います。コミュニティや
オープンソースプロダクト開発などで名を馳せているエンジニアも、自社のビジネ
ス成長に役立つ成果を出してくれるとは限りません。では、何をどう見極めて採用
を判断するべきか。そこが今回のポイントです。


◆インターン研修で出た企画をその場で事業会社化する姿勢に見た本気の新卒採用
 ・活用――サイバーエージェント 新卒採用責任者 小澤政生氏(1)
〈インタビュー | サイバーエージェントの学生を惹きつける新卒採用〉
 「AbemaTV」で知名度がアップし、就職希望の学生が急増しているという株式会
社サイバーエージェント。その新卒採用はユニークだ。年間いつでも個別に対応・
採用する。経験やスキル以上に重きを置く人材の価値基準もある。なぜそのような
採用を実施しているのか、ITエンジニアも含め経験やスキル以上に重視するという
人材価値とは何か。同社 採用育成本部 新卒採用責任者の小澤政生氏にうかがった



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] ニュースヘッドライン(8/6~8/20)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・IT・Web業界に特化した転職求人サービス「JoinsJob」、キャリアインデックス
 の転職サイト「CAREER INDEX」と連携―ITI(08-10)


・次世代型リーダーを育成するトレーニングプログラム「サーバント・リーダー育
 成プログラム」の提供を開始―タレンタ(08-09)


・「プログラミング言語別年収ランキング2018」を発表、1位はGo言語で年収の中
 央値は600万円―ビズリーチ(08-08)


・「人材データプラットフォーム構想」を発表、人材マスターを一元管理しAPI連
 携も―カオナビ(08-07)


・ITパスポート試験を改訂、第4次産業革命に対応した出題範囲やシラバスの改訂
 を実施―IPA(08-07)


・採用業務代行サービスも提供するクラウド型人事管理システム「ヒトマワリ」を
 8月16日にリリース―グローバンス(08-07)


・「2019年卒マイナビ大学生就職内定率調査」を発表、7月の内々定率は79.7%―
 マイナビ(08-07)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気記事ランキング(7/28~8/10)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 Y(良い人を)J(自分たちで)C(ちゃんと採用する)プロジェクトで現場
 を巻き込んだら採用アイデアが湧き出した!――サイバーエージェント 新卒採
 用責任者 小澤政生氏(2)


●2位 インターン研修で出た企画をその場で事業会社化する姿勢に見た本気の新卒
 採用・活用――サイバーエージェント 新卒採用責任者 小澤政生氏(1)


●3位 成果を出すITエンジニアを見極める「採用時の評価」のガイドライン


●4位 クラウドテクノロジーを戦略的に活用できるDigital Readyな人材を育てる
 ――クラウド認定評議会代表 Mark O'Loughlin氏


●5位 Smart Boarding――中途採用者と企業の「ズレ」を修正するオンボーディン
 グで、スムーズな受け入れ・就業を可能に


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止はこちらのページにてお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/itl

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/itl/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 IT人材ラボ編集部
(c)2015 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0