Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

組織急拡大のメルカリを救った新組織CSE/Gunocy「LUCRA」立ち上げマネジメント秘話

-[Vol.033]-------------------------------------------------------
このメールはIT人材ラボで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

皆さま、こんにちは。IT人材ラボ ラボ長の市古です。

「我が社ではリモートワーク/テレワーク制度が導入されているよ」という方は
どれくらいいらっしゃるでしょうか。政府の旗振りもあり、認知や注目度は相応
に高い一方、実際に導入されている企業はまだ少数ではないでしょうか。

会社には業務プロセスや評価の再構築という、大きな作業を伴う点が玉にキズの
リモートワーク/テレワークですが、従業員にはワーク・ライフ・バランスや就
業満足度の向上といったメリットがあり、会社側にも従業員確保のハードルが下
がるといったメリットがあります。特に、人材確保がどんどん難しくなっていく
今後の社会において、従業員満足度を高め、働きたい会社になることは経営戦略
上でもますます重要になると思われます。

さて、リモートワーク/テレワークの実施における最大のポイントは何でしょう
か。取材して明らかになったのは、コミュニケーションの充実と偏りのない情報
共有でした。周りに同僚も上司もいない環境において、自律的・自発的に業務を
行っていくには、業務の目的や働く意味をメンバー各々がしっかり認識している
ことが前提になるからです。

逆に言えば、少子高齢化や労働人口減少というこれからの社会における会社運営
の手法としてリモートワーク/テレワークがクローズアップされるようになった
のは、ITの力により、遠隔地にいるメンバーとも円滑にコミュニケーションや情
報共有を行えるようになってきたからこそです。

コミュニケーションや情報共有はメンバーのエンゲージメント向上、ひいては、
生産性の向上にもつながる施策です。さらに、アジャイル開発の成功を左右する
最大のファクターでもあります。リモートワーク/テレワークをすぐに導入する
予定のない企業でも、コミュニケーションや情報共有を活性化するツール・環境
については研究してみるとよいのではないでしょうか。

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] ニュースヘッドライン
[3] 人気記事ランキング
[4] 配信停止の方法

IT人材ラボのTwitterアカウント、Facebookページも公開して
います。
* Twitter  => https://twitter.com/it_jinzai_lab
* Facebook => 

また、記事のリクエストも大歓迎です。その他のご要望にも柔軟に
対応してまいりますので、メールにてどしどしお寄せください。
* リクエスト => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(11/5~11/19)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆急拡大で成長痛に苦しむ組織運営を救った新組織CSEと2つのシステムTeams/
 Reviews――メルカリ 衣川憲治氏
〈インタビュー | エンジニアリングの力で経営課題を解決する〉
 フリマアプリ「メルカリ」で急成長を続けている株式会社メルカリ。同社では、
自社の人事管理や評価制度などを改善するための新組織「Corporate Solutions En
gineering(以下、CSE)」を2018年1月に発足させた。サービス利用者の急増とと
もに拡大・複雑化していく自社組織に、一時は「破綻するのでは」とまで危機感を
募らせたことが背景にある。この難事をCSEはどう乗り切ったか。それを支えた取
り組みとは。CSE立ち上げメンバーの1人である同社 衣川憲治氏に聞いた。


◆20代男性ばかりで女性向けメディアアプリ「LUCRA」を立ち上げ、順調な成長を
 遂げる力となったチーム内コミュニケーションの失敗と工夫とは
〈インタビュー | 新進気鋭の若手プロダクトオーナー〉
 Gunosyが2017年5月にリリースした20代女性をターゲットとするキュレーション
メディア「LUCRA(ルクラ)」。その事業責任者は入社2年半、インターン時代を含
めると4年の20代半ばの男性である。着任前はWebアプリの開発者だったという。サ
ービスの運営はもちろん、チームのマネジメントも行う重責にどのように向き合い
日々の課題を解決しているのか。LUCRAの事業責任者である渡辺謙太氏(株式会社
Gunosy 執行役員 メディア事業本部 LUCRA事業部 部長)に聞いた。


◆オンライン完結型のインターンシップで地方学生に就業体験を提供、採用・就職
 活動の新たなカタチへの挑戦とは
〈インタビュー | 新しいインターンシップの形〉
 インターネット広告事業を中心に手掛けるセプテーニグループが、3年連続で経
済産業省などが後援する「HRテクノロジー大賞」を受賞していることをご存知だろ
うか。今年は採用・育成の分野でイノベーション賞を受賞した。なぜ同社は、採用
・育成にそれほどまでに力を入れるのか。一昨年から始めた「オンライン・リクル
ーティング」の取り組みから、最新の「オンライン・インターンシップ」まで、同
社が目指す未来の新卒採用のカタチについて、株式会社セプテーニ・ホールディン
グス 斎藤純平氏に話を聞いた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] ニュースヘッドライン(11/5~11/19)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・AIジョブカレにて「E資格」に対応したディープラーニング講座の提供を開始、
 仕事が決まれば全額返金も―エッジコンサルティング(11-16)


・CISAの民間教育機関として日本初認定、システム監査の国際的資格―アビタス
 (11-15)


・エンジニアのスキルマーケットプレイス「Winvisivle」事前登録を開始、精度が
 高くスピーディーな採用を実現―Winvisivle(11-14)


・ランサーズとの共同出資で新会社を設立し、マッチングプラットフォーム「シェ
 アフル」提供―パーソルホールディングス(11-14)


・企業口コミサイト「キャリコネ」、「技術職が働きやすい企業ランキング」を
 発表、1位はトヨタ自動車―グローバルウェイ(11-14)


・2018年10月の「doda転職求人倍率レポート」発表、求人数・転職希望者数とも
 大幅に増加―パーソルキャリア(11-13)


・3か月のトライアウト期間でミスマッチを軽減する転職エージェントサービス
 「TRYOUT」の提供開始―パラフト(11-12)


・「CMSコアテクノロジー試験」を2019年10月に開始、正しいセキュリティと高速
 化の知識を問う―PHP技術者認定機構(11-09)


・「人事評価制度構築・運用に関する調査」を実施、4割が外部コンサルタントへ
 の依頼を視野に―あしたのチーム(11-09)


・ピアボーナスも減税措置の対象に、経済産業省が所得拡大促進税制の対象となる
 「給与等」の対象を明文化―Fringe81(11-09)


・IT・Web人材に関する「採用支援」と「チームビルディング・チームマネジメン
 トサポート」サービスを提供開始―ウェブスタッフ(11-09)


・外国人に特化した人材エージェントサービスの本格提供を開始―グローバルエイ
 チアール(11-08)


・「2019年卒マイナビ 企業新卒内定状況調査」を発表、外国人留学生を採用しな
 い理由は企業の内部要因―マイナビ(11-07)


・日本の「人材ミスマッチ」は33か国中最悪、人材の需給効率を調査した「グロー
 バル・スキル・インデックス」で―ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント
 ・ジャパン(11-07)


・副業に関する意識調査の結果発表、副業での希望収入は10万円未満―ホールハー
 ト(11-06)


・タレントマネジメントシステム「HITO-Talent」とAI人事データ分析サービス
 「HR君」が連携―エクサウィザーズとパーソル総合研究所(11-06)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気記事ランキング(11/3~11/16)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 急拡大で成長痛に苦しむ組織運営を救った新組織CSEと2つのシステムTeams
 /Reviews――メルカリ 衣川憲治氏


●2位 「専門領域だけに強みでは顧客価値のあるシステムを提供できない」危機感
 から分野別に分かれていたSEを束ねた組織で目指すもの――内田洋行 白方昭夫
 氏、河合剛史氏


●3位 20代男性ばかりで女性向けメディアアプリ「LUCRA」を立ち上げ、順調な成
 長を遂げる力となったチーム内コミュニケーションの失敗と工夫とは


●4位 オンライン完結型のインターンシップで地方学生に就業体験を提供、採用・
 就職活動の新たなカタチへの挑戦とは


●5位 「デジタルHR」の威力・成果に誰もが驚いた! データに基づく採用と育成
 の最前線――セプテーニ・ホールディングス 人的資産研究所 所長 進藤竜也氏


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止はこちらのページにてお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/itl

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/itl/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 IT人材ラボ編集部
(c)2015 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0