Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

ミスマッチのない転職エージェントとの付き合い方/海外IT人材の採用

-[Vol.034]-------------------------------------------------------
このメールはIT人材ラボで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━  ━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Python試験のご案内 ■ 受験料一般1万円(税抜)学生・教師5千円(税抜)
■■■■■受験者数急増■多くの方々に受験いただき、ありがとうございます。■
AI、機械学習、ビッグデータ、OpenStackで標準的に使用されるPythonの学習
チェックにいかがでしょうか? 1年中全国で受験できます。
詳細は⇒ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さま、こんにちは。IT人材ラボ ラボ長の市古です。
気づけばもう師走ですね。空気も冬めいてまいりました。

さて、競争の激しいエンジニア採用のために実施してみたい施策の1つが、
「リファラル採用」ではないでしょうか。
優秀な人材ほど転職市場に出てきませんし、リファラルで転職したという
話は本当にたくさん聞こえてきます。

しかし、社員に協力を仰ぐリファラル採用は、実際に動いてもらうのが一苦労。
インセンティブ(報奨金)を出しても、実際にお金目当てで紹介する人は
ほとんどいないようです。
そもそも、人事やマネージャーでもないのに自分事として活動する動機とは、
一体何なのでしょう?

11月26日に始まったIT人材ラボの新連載「リファラル採用入門」では、
そうした疑問にお答えしつつ、リファラル採用をいかにして実施し、成果を
上げていくかを解説していきます。

どうぞ、ご期待ください!

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] ニュースヘッドライン
[3] 人気記事ランキング
[4] 配信停止の方法

IT人材ラボのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => https://twitter.com/it_jinzai_lab
* Facebook => 

また、記事のリクエストも大歓迎です。その他のご要望にも柔軟に
対応してまいりますので、メールにてどしどしお寄せください。
* リクエスト => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(11/19~12/3)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンサルタントがひもとくセキュリティ人材3つのポジションとそのスキル・
 その育成
〈コンサルティングファームの人材育成術 | #4〉
 あらゆる業種・規模の企業で対策が求められているのがサイバーセキュリティで
す。しかし、それを支えるセキュリティ人材の確保は容易ではありません。本稿で
は、世界的に不足しているセキュリティ人材に必要なスキル、そしてそのセキュリ
ティ人材を弊社のようなコンサルティングファームやユーザー企業において獲得・
育成するためのスキームについて、具体的な事例を交えながらお伝えしたいと思い
ます。


◆入社後のミスマッチを解消するために採用企業は転職エージェントとどう付き合
 うのがよいのか
〈インタビュー | 優れた転職エージェントと出会おう〉
 転職エージェントを通じて採用したのに、入社後に思うようなパフォーマンスを
発揮してくれない――多くのこうした情報の格差を解消することのできない採用企
業が経験する共通の悩みではないだろうか。このようなミスマッチを解消するため
転職エージェントを利用する際に採用企業はどんなことに注意をすればよいのか。
候補者とエージェントとのマッチングサービス「DIGROWエージェント」を運営する
Supership株式会社の藤井康介氏(ビジネスイネーブルメント事業部コンシューマ
サービス企画部推進G グループリーダー)に話を聞いた。


◆なぜ今海外IT人材が必要なのか――そして採用・リテンションに成功するための
 2×2ポイント
〈海外エンジニア採用 最新動向キャッチアップ | #1〉
 テクノロジーの革新が世界にインパクトを与え、製造や金融を含むほぼ全ての産
業のゲームチェンジャーとして認識された今、グローバルレベルでAIやデジタル領
域の未来を担う高度IT人材の争奪戦が激化している。本稿ではアジア全域を主戦場
とし、要員管理や人材マネジメント(Workforce, Leadership & Talent)を専
門とするコンサルタントが、日本企業における海外IT人材活用(採用・リテンショ
ン)に際したポイントの紹介と提言を行う。


◆準備編:リファラル採用とは何か
〈リファラル採用入門 | 第1回〉
 最近、「リファラル採用」というキーワードを耳にすることが増えていません
か。選考する米国で大きな成果を収め、ここ数年の間に日本でも注目を集めていま
す。しかし、その意味や方法を知っていても、実際にやってみようとすると迷った
り壁にぶつかったりケースが多いようです。本連載では、これからリファラル採用
を始める方、実施を検討している方に向けて初歩から解説していきます。連載第
1回となる今回は、改めてリファラル採用とは何か、そのメリットは何かについて
説明します。


◆未経験からプログラミング技術を学ぶのに効率的な道筋とは――KCCSキャリア
 テック 久保晋也氏
〈インタビュー | プログラマーの育成〉
 優れた開発環境などの登場により、プログラミングはより簡単になっている。し
かし、ネットワークやOS、サーバーに関する知識もないと応用が利かず、プログラ
ミング言語の学習が途中で行き詰ってしまう可能性が高まる。未経験者がプログラ
ミング言語を学ぶにあたり、最も有効な方法とはどんなものなのか。Pythonの研修
コースなどを提供するKCCSキャリアテック株式会社の久保晋也氏(管理本部 研修
課 グループリーダー)に話を聞いた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] ニュースヘッドライン(11/19~12/3)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・「Marketo」「HRMOS採用管理」「PR Table」を連携した「採用マーケティング」
 を実践―マルケト(11-30)


・「従業員エンゲージメント(eNPS)」測定ツールをベースにしたコンサルティン
 グの提供を開始―NTTデータ経営研究所(11-30)


・iCDに対応したIT技術者育成機能を「あたりずむCampus」にて提供―ファインド
 ゲート(11-30)


・プログラミング学習サービスのカオスマップを公開―Branding Engineer
(11-29)


・「TeamSpirit」と「TeamSpirit HR」の最新バージョン、働き方改革関連法に対
 応―チームスピリット(11-29)


・「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査<地区別>」発表、8割超の企業「採
 用が厳しかった」と回答―マイナビ(11-29)


・社名とサービス名を「Chatwork」に変更、ロゴマークも刷新(11-28)


・理系学生に特化したダイレクトリクルーティングサービス「LabBase」、登録学
 生人数が8000名を突破―POL(11-27)


・システム開発経験者向けRPAトレーニングプログラムを2019年1月下旬より提供―
 エディフィストラーニング(11-26)


・北米地域の顧客がAWS版アプリケーションの使用を開始―米Workday(11-26)


・従業員の健康増進・予防サービス拡充を目的に業務提携を強化、オンラインで産
 業医やカウンセリング、ストレスチェックを提供―Mediplatとセーフティネット
(11-20)


・情報セキュリティ人材マッチングサービス「vCISO」の提供を開始、企業と情報
セキュリティ人材をマッチング―グローバルセキュリティエキスパート(11-20)


・人事向けSaaS型プラットフォームサービス「jinjer」に人事/ワーク・バイタル
 /マイナンバー/経費機能を追加―ネオキャリア(11-20)


・ブカレスト経済大学との相互交流と協力関係に関する覚書を締結、日本での就職
 支援も―ヒューマンソリシア(11-19)


・「日商プログラミング検定」を2019年1月に開始、4段階のレベルでプログラミン
 グスキルの習得を促進・支援―日本商工会議所(11-19)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気記事ランキング(11/24~11/30)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 準備編:リファラル採用とは何か


●2位 なぜ今海外IT人材が必要なのか――そして採用・リテンションに成功するた
 めの2×2ポイント


●3位 入社後のミスマッチを解消するために採用企業は転職エージェントと
 どう付き合うのがよいのか


●4位 外国人技術者専門エージェントJELLYFISHが語る、海外人材採用のトレンド
 と成功のカギとは


●5位 急拡大で成長痛に苦しむ組織運営を救った新組織CSEと2つのシステムTeams
 /Reviews――メルカリ 衣川憲治氏


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止はこちらのページにてお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/itl

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/itl/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 IT人材ラボ編集部
(c)2015 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0