Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

リーダーとして聞く耳を持つには/キャリアコンサルタントのエンジニア支援

-[Vol.056]-------------------------------------------------------
このメールはIT人材ラボで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━  ━━━━━━━━━━━━━━━━
【経営者 / マネージャーは副業社員を活用せよ】
月40時間~で優秀なエンジニア、マーケター、デザイナーに業務依頼できる!
そんなサービス「シューマツワーカー」って知っていますか?
活用の基本が知れる「副業社員活用ガイダンス」はこちら
→ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さま、こんにちは。IT人材ラボ ラボ長の市古です。
今回の人気記事ランキングNo.1は、次の記事でした。

●1位 KAKEAI――あらゆる現場で最大の課題「上司の効果的な部下への関わり方」
 を脳科学の応用で支援


「KAKEAI」は、経済産業省・株式会社東洋経済新報社などが後援する「HRテクノ
ロジー大賞」において、「注目スタートアップ賞」を受賞したHR Techです。

現場で最も頻発する摩擦であり、ひいては退職する直接引き金にもなりかねない
「部下との関わり」を改善するため、マネージャーや経営層に対し、脳科学を応用
して部下の人となりを可視化してくれたり、付き合い方のアドバイスを提供して
くれたりします。

部下とのコミュニケーションや目的の共有などに悩むマネージャーさんには、
かなりの助けになるソリューションではないでしょうか。

本記事では、KAKEAIが生まれてきた経緯や導入の効果などを、開発したKAKEAIの
代表取締役 兼 CEO 本田英貴氏にうかがっています。

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] ニュースヘッドライン
[3] 人気記事ランキング
[4] 配信停止の方法

IT人材ラボのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => https://twitter.com/it_jinzai_lab
* Facebook => 

また、記事のリクエストも大歓迎です。その他のご要望にも柔軟に
対応してまいりますので、メールにてどしどしお寄せください。
* リクエスト => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(11/4~11/18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆不確実性の時代のリーダーが持つべきは「聞く耳」、そのスキル・マインドを
 育成するための鍵やトレーニングとは
〈インタビュー | リーダーの育成〉
 かつてリーダーは部下の見本や規範であり、「オレについてこい!」と牽引する
存在だった。しかし、VUCA(変動・不確実・複雑・曖昧)の時代を迎えイノベーシ
ョンが期待されるいま、リーダー像は大きく変わりつつある。これから求められる
リーダーの人物像と、その育成で鍵になるものとは何か。長年にわたり人材開発分
野でキャリアを築いてきた米コーナーストーンのハイディ・スピルギ氏に聞いた。


◆現場のエンジニア、マネージャーをスキル向上から生き方・働き方までサポート
 するキャリアコンサルタントの仕事
〈インタビュー | キャリアコンサルタント〉
 変化の激しいIT業界において、現在の職場環境や将来のキャリアに不安を感じて
いるITエンジニアは少なくないだろう。株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボ
ラトリには、そんな社内のITエンジニアを支えるため、キャリアコンサルタントが
12年も前から活動しているという。具体的にはどんな役割を果たしているのか。
同社 ビジネスマネジメント本部 人事部 キャリア支援室 エグゼクティブ・コンサ
ルタントの島村泰子氏に話を聞いた。


◆KAKEAI――あらゆる現場で最大の課題「上司の効果的な部下への関わり方」を
 脳科学の応用で支援
〈HR Techのこころ | #13〉
 あなたが部下を持っていた場合、「部下の力を最大限引き出せている」と自信を
持って断言できるだろうか。人的リソースが希少化している今、部下を辞めさせな
いのはもちろんのこと、部下が自分の力を発揮できる環境を作ることは、これまで
以上に重要なマネージャーの責務となっている。そんな現場のマネージャーを支援
してくれるツールが「KAKEAI」だ。株式会社KAKEAI 代表取締役社長 兼 CEOの本田
英貴氏に話を聞いた。


◆理系のトップ学生がITエンジニアを目指すベトナム、来日入社の有望株だが活躍
 してもらうにはここに配慮
〈インタビュー | 外国人材の活用〉
 ITエンジニアの人材不足が続く日本。国内だけでは需要をまかなえず、海外の人
材に目を向ける動きが加速している。その中で、理系のトップ学生がITエンジニア
を目指すというベトナムは有望な国の1つだ。本稿では、ベトナムを主軸とした人
材開発および人材紹介を手掛ける株式会社Sun Asteriskの大西健資氏と、2年前に
ベトナムから来日し同社で人材コンサルタントとして働くグエン・ティ・ ヒエン
氏に、ベトナムから人材を迎えるためのポイントについて尋ねた。


◆実践編:社員がリファラル採用に取り組む動機をつくる施策
〈リファラル採用入門 | 第4回〉
 最近注目されている「リファラル採用」。特に売り手市場のIT業界では、知人・
友人の紹介から優秀な人材を獲得できる手法として注目されています。リファラル
採用はどのように進めればうまくいくのでしょうか?本連載では、これからリファ
ラル採用を始める方に向けて初歩から解説していきます。今回は、リファラル採用
の制度を作ったあと、仕組み化していくためのステップ「認知→動機付け→行動」
の2つ目、「動機付け」のための施策についてご紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] ニュースヘッドライン(11/4~11/18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・従業員の副業活動を可視化する新サービス「副業特区」をリリース―エンファク
 トリー(11-15)


・副業経験者1000名を対象に意識調査を実施、月の平均稼働日数は21日に及ぶ
 ―まねーぶ(11-15)


・複数の求人媒体のデータを一元化する「採用管理ダッシュボード作成サービス」
 を提供開始―MOCHI(11-14)


・2021年卒対象「2019年度 マイナビ大学生インターンシップ調査」、半数がイン
 ターンシップの選考に落ちた経験あり(11-14)


・2020年卒の企業新卒内定状況調査を発表、外国人採用を増やしたい企業多く
 ―マイナビ(11-14)


・パリで生まれた無料のエンジニア養成機関の東京校「42 Tokyo」を開校、予算は
 5年間で50億円―DMM.com(11-13)


・採用管理ツール「Jobギア採用管理」に応募者がLINEで通知を受けられる機能を
 追加―アイデム(11-12)


・上京を志す非大卒の若者と、東京で働きたい10代・20代の女性を支援するサービ
 スを開始―ナイモノ(11-11)


・2019年10月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人
 はやや落ち着く―パーソルキャリア(11-11)


・クラウド人事労務ソフト「SmartHR」と給与即日払いサービス「Payme」が
 API連携(11-08)


・複数の求人媒体に出している求人票をまとめて管理・編集できるWebサービスの
 利用申込受付を開始―ビヘイビア(11-07)


・リモートワーク組織の構築を支援するコンサルティングサービス「Caster
 Anywhere」を提供開始―キャスター(11-07)


・月間の残業時間は2014年より継続して減少傾向、IT業種では半減―オープンワー
 ク(11-06)


・採用戦略策定・実行・オンボーディング設計までをワンストップで行う新サービ
 スをキャスターと提供―CloudBrains(11-06)


・年休120日以上が約半数である一方、労基法に抵触するおそれのある105日以下も
 16%―ベースメントアップス(11-05)


・AIエージェントサービス「GLIT」が大手転職サイト7サービスと連携、キャリア
 インデックスを通じて―Carat(11-05)


・Scrum Inc. Japanとスクラム開発のコンサルティングで協業―デロイト トーマ
 ツ コンサルティング(11-05)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気記事ランキング(11/2~11/15)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 KAKEAI――あらゆる現場で最大の課題「上司の効果的な部下への関わり方」
 を脳科学の応用で支援


●2位 現場のエンジニア、マネージャーをスキル向上から生き方・働き方まで
 サポートするキャリアコンサルタントの仕事


●3位 全国の学生が挑むハッカソン「JPHACKS」がスタート、予選の「Hack Day」
 で心ときめくプロダクトを全力開発


●4位 理系のトップ学生がITエンジニアを目指すベトナム、来日入社の有望株だが
 活躍してもらうにはここに配慮


●5位 実践編:社員がリファラル採用に取り組む動機をつくる施策


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/itl?token=&utm_source=itjinzai_regular_20191118&utm_medium=email

配信先の変更は、ログイン後、
「メールアドレス・パスワードの変更」からお手続きください。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/itl/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 IT人材ラボ編集部
(c)2015 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0