Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

熟練面接官でなくても間違いない採用をするには/起業経験のある学生の採用

-[Vol.059]-------------------------------------------------------
このメールはIT人材ラボで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

明けましておめでとうございます。IT人材ラボ ラボ長の市古です。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、今回の人気記事ランキングNo.1は次の記事でした。

●1位 HR Force――求人媒体へのコスト最小化と応募数の最大化を同時に実現する
 その理由とは


IT人材ラボで最も長く続いているシリーズ「HR Techのこころ」の最新記事です。

HR Forceは、求人広告を最も効率よく運用する支援をしてくれるサービス。
記事は同サービスを開発・展開している株式会社HR ForceのCMO 新倉竜也さんへの
インタビューですが、どうして効率化(つまり最小のコストで最大の効果)を図る
ことができるのか、その仕組みも明かしてくださっています。

この点は目からうろこが落ちる部分でもあるので、ぜひご一読ください。


[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] ニュースヘッドライン
[3] 人気記事ランキング
[4] 配信停止の方法

IT人材ラボのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => https://twitter.com/it_jinzai_lab
* Facebook => 

また、記事のリクエストも大歓迎です。その他のご要望にも柔軟に
対応してまいりますので、メールにてどしどしお寄せください。
* リクエスト => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(12/16~12/30)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆輝く! 2019年 IT人材ラボ 人気記事トップ10
〈特別企画〉
 今年も残り数日となりました。平成から令和に移った2019年、IT人材ラボではど
の記事が最も閲覧されたでしょうか。本稿では今年のまとめとして、2019年に公開
した記事の中で、閲覧数が多かった記事のトップ10をご紹介します。


◆HR Force――求人媒体へのコスト最小化と応募数の最大化を同時に実現するその
 理由とは
〈HR Techのこころ | #14〉
 「採用広告を出しても、期待するほどの人材が集まらない」。採用市場が激化す
る中、旧来型の採用手法だけでは、立ちいかなくなっている企業も多いのではない
だろうか。そんな企業が抱える課題をデータ×AIで解決すべく、株式会社 船井総
合研究所から生まれたのが株式会社HR Forceだ。同社が提供する「Recruiting
Cloud」は、どのような特徴を持ち、採用広告のあり方をどう変えていくのか。
同社CMO 新倉竜也氏に話を聞いた。


◆起業経験もピンキリ、本当に優秀な学生を採用するための着目点とアプローチ
〈「転職の神」エキストラ | #3〉
 IT企業、特にWeb系企業の採用担当の方と話すと、「事業を創造できる人材が欲
しい。もっと言えば、自分で自走し事業を創れる能力を持つ人、もしくは事業を立
案した経験がある人を採用したい」とよく言われる。採用担当の方なら、起業経験
のある優秀な学生の採用にチャレンジしたくなることがあるだろう。今回は、起業
経験のある優秀な学生を採用して、将来の幹部候補に据えたいと考えている採用担
当者向けに書きたい。


◆「一緒に働きたいと思う人を採れ」はすごく危険! 熟練面接官でなくても間違
いない採用を行うには
〈コミュニケーション力やマネジメント力がなくても大丈夫な組織の作り方|#8〉
 面接はどの会社にとっても難しいものです。採用基準をしっかり定めたとしても
面接官だって人間ですから、会って話をした印象や感触で評価が上下してしまうこ
とはあります。ましてや最後は「一緒に働きたいと思う人を採れ」だなんてもって
のほか。ではどうすればよいか――今回はその問題を克服するヒントをお伝えしま
す。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] ニュースヘッドライン(12/16~12/30)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・「なぜ、日本企業はカイゼンができて、変革ができないのか?」を解明―マネジ
 メントソリューションズ(12-26)


・2020年2月3日より持ち株会社ビジョナルを設立し、ビズリーチほか2社をグルー
 プ化―ビズリーチ(12-25)


・新卒採用サービス「OfferBox」が来年3月よりシステム利用料を無料化し、完全
 成功報酬型へ―i-plug(12-24)


・「Crowd Agent」にエンジニア求人を掲載すると「Forkwell」からも人材紹介を
 受けられるように―grooves(12-20)


・正社員として転職するITエンジニアの現状や意識を調査、保持するメインスキル
 はJavaが圧倒的―レバテック(12-19)


・「副業・転職に関する意識調査」を実施、副業先への就職に約9割が興味あり
 ―YOUTRUST(12-19)


・「カオナビ」がOBC「給与奉行クラウド」とのAPI連携開始(12-18)


・管理職は会社で立てた目標が部下のモチベーションを高めると思う一方、目標を
 すべて覚えている部下は2割以下―パーソルキャリア(12-18)


・「HITO-Link パフォーマンス」と「Slack」がAPI連携、人事評価の各種通知など
 が可能に―パーソルプロセス&テクノロジー(12-17)


・ジョブカン採用管理がSlackと連携、候補者新規登録時などに通知―Donuts
 (12-17)


・転職サービスdodaが動画求人広告「doda プライム」の販売を開始、Kaizen
 Platformと共同開発―パーソルキャリア(12-17)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気記事ランキング(12/14~12/27)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 HR Force――求人媒体へのコスト最小化と応募数の最大化を同時に実現する
 その理由とは


●2位 ターゲットの選定きちんとできていますか?――学生にスカウトを送る前の
 大切なこと


●3位 「一緒に働きたいと思う人を採れ」はすごく危険! 熟練面接官でなくても
 間違いない採用を行うには


●4位 エンジニアリング組織のHRBP、その立ち位置と提供価値――メルカリ 増田
 悠氏、田井美可子氏


●5位 起業経験もピンキリ、本当に優秀な学生を採用するための着目点とアプロー
 チ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/itl?token=eQYVE42L5145ccea546284e4e911163a226613dd&utm_source=itjinzai_regular_20200106&utm_medium=email

配信先の変更は、ログイン後、
「メールアドレス・パスワードの変更」からお手続きください。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/itl/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 IT人材ラボ編集部
(c)2015 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0