Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

「採用」記事一覧

採用

6件中1~6件を表示
  • 2017/07/25

    入社後に飛躍的成長を遂げる未経験エンジニアとそうでないエンジニアの違いとは

     「能力が高いと思って採用したエンジニアが成長していかない」と悩む採用担当者、育成担当者は少なくないようです。エントリーシートや数回の面接、試験、過去に記述したソースコードなど、限られた情報の中で判断しているわけですから、こうした思惑から外れた結果にはしかたない部分もあるでしょう。一方で、そうならないための努力、工夫がもちろん不可欠です。そこで本稿では、入社後にに伸びる人材か、停滞する人材かを見極めるポイントを紹介します。

  • 2017/07/24

    なぜITベンチャー企業で高学歴学生を採用できるようになったのか

     学生が就職先としてあこがれる業種は時とともに移り変わる。分かっていても、東京大学をはじめとするトップ校の学生が、目新しく価値の定まっていないベンチャー企業へ就職を望む姿は、既存の価値観で企業や経済を見る社会の諸先輩たちの目には奇異に映るかもしれない。もちろん、それらのベンチャー企業が取り組む業務やビジネス、環境に自分の成長の機会を見て入社するケースは多い。一方で、そうしたベンチャー企業側でも、優秀な学生を採用する努力・工夫を重ねている事実を見逃してはいけない。本稿ではITベンチャー企業の採用を...

  • 2017/06/26

    採用担当に現場のエースをあえて置くのが成功の方程式、応募者データの管理も優秀な人材獲得への第一歩

     人事は、とかく利益に直結しない間接業務と見られがちである。しかし、ワミィ株式会社 代表取締役 伊藤和歌子氏は「人事採用は会社の経営そのもの。自社の経営戦略を実現できる優秀な人材を確保する最前線が、人事担当者だ」と強調する。人事にも積極的にITを導入し、人材データを活用した効率的な採用を行うための仕組み作りが必要だと説く伊藤氏に、企業の求める人材像や、その獲得に必要な人事担当者のスキルなどをうかがった。

  • 2017/06/26

    「入社後3カ月で退職しちゃった・・・」をなくすための3つのやるべき人事施策とは

     こんにちは。ギブリー事業推進室の大熊です。最近人事界隈の方々とお話しさせていただく中で、中途採用において「人当たりはいい!実績もありそう!ただ、本当にフィットするかが不安」という「最終の決め手をどこにするか」トークが結構出てきます。そこで今回は、自社採用にも取り入れている「戦略人事を考える前のプラットフォーム」づくりについてまとめます。

  • 2017/03/09

    未経験から半年でLPICレベル3やCCNPを取得した若手エンジニアたちが語る、その道のり・モチベーション・現場で実感するメリット

     IT・情報システムからメカトロニクス・エレクトロニクス、バイオ・ケミストリーまで、幅広い分野のエンジニアを派遣しているVSN社。特にIT・情報システム分野で目を見張るのは、未経験者を積極採用し、実務を遂行できる人材を自社で育成していること。充実した設備の中で行われる約2か月間の研修では、IT資格の取得が推奨されており、新人は合格を積み重ねる中でスキルだけでなく自信も深めているという。本稿ではそうして成長し、現場で活躍するVSNの若手エンジニア3名にお集まりいただき、IT資格の取得とエンジニアと...

  • 2017/02/03

    HTML5プロフェッショナル認定資格がIT技術者・非技術者を問わず就職・転職に効く理由と背景とは

     登場から2年が過ぎ、業務システムの世界でも、HTML5の活用の場が急速に拡がりつつある。本稿では、HTML5に関する技術力と知識を認定する「HTML5プロフェッショナル認定資格」を運営するLPI-Japanでテクノロジ-・ディレクターを務める和田真輝氏に、業務システムにおけるHTML5の導入・活用状況や、HTML5プロフェッショナル認定資格の狙い、そして技術者のスキルアップ&キャリアパス設計における意義とメリットなどをうかがった。

6件中1~6件を表示
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0