Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

「採用」記事一覧

採用

28件中1~20件を表示
  • 2018/01/05

    英語にも堪能な優れたエンジニアを採用するために企業が知っておくべきこと・実践したいこと

     英語に堪能な人材に特化して企業に紹介しているロバート・ウォルターズ・ジャパン。外資系企業の日本法人や海外展開する国内企業に「英語のできるITエンジニア」も紹介している。しかし、ITエンジニアにとって、英語ができることは大きなアドバンテージだとはいえ、技術力などがなくては本末転倒である。実際のところ、どのように見極めているのか。また、引く手あまたで転職も容易な優れたITエンジニアに入社してもらうため、長く活躍してもらうために注意すべきことは何か。ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 IT部門...

  • 2017/12/27

    自動車分野・製薬分野が積極採用しているIT人材とは

     技術革新に伴い、ビジネスでも消費者生活でも利便性の向上と省力化が進んでいるが、それに加え、様々な発展が期待されているのがデータの利活用だ。この期待が、あらゆる分野でIoTの導入を加速させている。また、一部のITスペシャリストはこれを他業種に移るチャンスと捉え、成長を求めて新たな土壌へと転職している。では、先端分野に精通した希少人材を採用したいと望む他業界の企業は、どんな工夫を行えば彼らを獲得できるのだろうか? その答えは、大量採用に成功した自動車大手メーカーなど実際のケーススタディから紐解くこ...

  • 2017/12/25

    マイクロソフトが最重要視する人材のキーワード「インパクトベース」ってなに?―日本マイクロソフト 斎藤泰行さん

     外資系企業の中途採用はどのような基準で行なわれているのでしょうか。外国人上司とスカイプでインタビュー? 日本人の人事部と日本語で面接? 評価されるのはそれまでの実績? 今回お話ししていただいたのは、日本マイクロソフトでMicrosoft Azureというクラウドサービスの製品・マーケティングを担当し、そのグループの採用を行なっているハイアリングマネージャーの斎藤泰行さんです。

  • 2017/12/18

    海外エンジニア採用でトップランナーの楽天さんを取材してきました!《前編》

     はじめまして。エンジニア、企業双方の幸せなマッチングをテーマとするブログ「Happy Hiring!! 〜ハッピーなエンジニア採用」を書いている、株式会社SEプラスの広瀬といいます。このブログで以前、ITエンジニア採用に関する「19の募集チャネル」を紹介しました(*1)。しかし、この中には入っていないものの、国内企業には「海外」という採用のチャネルもあるだろうと考えた私は、海外採用に実績のある楽天さんに取材依頼をしてみました。本稿は、依頼に“もちろんOKですよ!!”とご快諾いただいた楽天さんで...

  • 2017/12/13

    「学生だからと甘く見たら人事が痛い目に会う」時代と肝に銘じよう

     ごきげんよう。「20代~30代のキャリアを考えるブログ」の運営するDentoだ。企業の人事部は、社会経験のない学生のことを「ひよっ子」扱いし、一方的に学生が教わる立場だろうと勘違いしている人がいる。しかし、最近は早い段階からインターンなどでビジネススキルを鍛えており、能力の非常に高いが学生がいることを覚えておくべきだ。

  • 2017/12/06

    「転職する未来が見えたとしても、そのエンジニアを採るか?」―ワークスアプリケーションズ 井上誠一郎さん

     採用する側の人たちはどんなことを考えているのでしょうか? いわゆる「所属する組織の公式見解」だけで人は採用するのでしょうか? 公式見解の隙間に見え隠れする個人的な思いを知りたいということではじめたこのインタビュー。第2回はワークスアプリケーションズの井上誠一郎さんです。井上さんは、アリエルネットワークの創業メンバーとして、そして現在はワークスアプリケーションズのHUE & ATE Divisionの統括パートナーとして採用に携わっています。スタートアップ企業の採用と、大企業の採用はどの...

  • 2017/11/22

    ITベンチャーで使える外資系企業の採用術

     「20代~30代のキャリアを考えるブログ」を運営しているDentoだ。これまで採用や人材育成に関する話題で執筆してきたが、本日は、就職人気ランキング上位に挙がる「外資系企業」の採用手法について書きたいと思う。有名どころのITベンチャー企業には、外資系企業志望層を採用しようと狙っている会社もある。外資系企業についての理解と、ITベンチャーの採用活動の一助となれば幸いである。

  • 2017/11/20

    150名の新入社員を当初4名で即戦力エンジニアに育てたパイプドビッツの新人研修とは

     売り手市場といわれる人材採用において、株式会社パイプドビッツには2014年からの3年間で約150名が入社。さらに、独自の育成プログラムを立ち上げ、彼らを即戦力となるITエンジニアに育て上げた。本稿では、株式会社パイプドビッツ 執行役員CKO 小西辰也氏、パイプドHD株式会社 執行役員採用・人事支援部 部長 杉山俊輔氏に、同社が大量採用に至った背景や、育成プログラムのゴールや進め方、指導のポイントなどについてうかがった。

  • 2017/11/09

    未経験者をエンジニアとして新卒採用する勇気の必要性

     天気の変化が激しいこのごろ、いかがお過ごしだろうか。「20代〜30代のキャリアを考えるブログ」を運営しているDentoだ。多くの企業、特にWeb業界はエンジニアの確保に苦しんでいると思う。基本的には理系人材へアプローチしつつ、インターンシップを通じて簡単なコーディングやWebサービス作成ができる人を採用している、というところがほとんどではなかろうか。一方で、「未経験者」の採用はハードルが高く、あまり取り組めていないのが実情かもしれない。そこで今回は、未経験者をエンジニアとして採用することに関し...

  • 2017/10/31

    サマーインターンからのつなぎとめ施策を考える前に、ちゃんと戦略を考えよう

     ようやく我が社に来てくれたインターン生。好感触と安心していたら、競合他社に就職を決めてしまったという……。ようやく聞き出した話では、何でもその会社はインターンシップの後もまめに連絡をくれたり、折に触れ社内の人たちと交流させてくれたりしたとのこと。ああ、有望な学生だったのに――と後で泣いても学生は戻ってきません。今回は、夏のインターンシップが終わった後、「どの施策をどのタイミングで打つべきか」を紹介してくれます。(ラボ)

  • 2017/10/25

    ベンチャー企業の新卒採用における“学生から見た”人事の役割・注意点

     ごきげんよう。「20代〜30代のキャリアを考えるブログ」を運営しているDentoだ。新卒採用をしている企業にとって人事の役割は何だろうか。特にベンチャー企業の人事について考えてみよう。優秀な学生を採用しようと考えるベンチャー企業の場合は面接、インターンシップ、インターンシップ後の面接(もしくはオファー面談)、内定、内定承諾というプロセスが存在するだろう。さて、このプロセスの中で人事はどういった役割を果たすべきだろうか。もちろん、企画設計、母集団形成、採用したい学生像のすり合わせ、入社を促す口説...

  • 2017/10/19

    現場の人間に直接口説かれたら愛は伝わる――新卒エンジニアを前年の2倍確保できた採用プロジェクトの核心

     近年、新卒のエンジニア採用が厳しさを増す中、コストの制約や知名度の低さによって、苦戦を強いられている企業は多い。加えて、せっかく入社までこぎつけたとしても、一般的に「新卒3年目までの離職率30%」といわれるように、“定着”という解決困難な課題が待ち受けている。そんな中、コンテンツマーケティング事業やメディア事業を手がける株式会社ウィルゲートでは、採用プロジェクトの立ち上げにより、採用における様々な課題を克服しようとしているという。その取り組みについて同社 執行役員の山中 諭氏に話を聞いた。

  • 2017/10/17

    納期迫る中「テストなしはあり得ない!」と周囲の声に抵抗したエンジニアを重用、売上も5年間で2倍に

     正しいこと以外は、絶対にやらない。営業やプロデューサーから無理難題を突きつけられたときに、そう断言できるエンジニアがどれほどいるだろうか。“正しいこと”を追求しながらも、5年間でエンジニア1人あたりの年間売上高を2倍に導いた人物がいる。株式会社アイ・エム・ジェイ(以下、IMJ)システム開発本部 執行役員の西村義浩氏だ。6年弱前にジョインした西村氏が、組織立て直しのために行った施策とは何か。同氏に話を聞いた。

  • 2017/10/02

    ナビ媒体中心のエンジニア新卒採用はもう限界、欲しい人材の獲得に成功できた「採用フローの改善」とは

     株式会社ギブリ―は7月20日、エンジニア採用の担当者を対象にトークセション「エンジニアと人事がコラボするための各社の取り組みの裏側【Code Summit vol.002】」を開催しました。ゲストに、株式会社オロで新卒採用に参画しているソフトウェアエンジニアを迎え、オロがどのようにして獲得したいと思う新卒エンジニアを採用しているかが、セッションの中で明かされました。本稿ではその様子をお伝えします。

  • 2017/09/29

    エンジニア新卒採用の最新取り組み――応募の母集団を増やし欲しい人材をねらって獲得するには

     オンラインでプログラミングスキル評価を行うサービス「codecheck」などを展開するギブリーは6月22日、東京・渋谷にあるミクシィ社のコラボスペースにて、トークイベント「エンジニア採用の質を劇的に向上させた各社の選考手法の裏側【Code Summit vol.001】」を開催した。壇上で、LINE株式会社Data Labs エンジニアの橋本泰一氏と、株式会社ワークスアプリケーションズ リクルーティングDiv. テクノロジスペシャリスト採用責任者の森 康真氏が、2018年卒エンジニア採用におけ...

  • 2017/09/28

    「面接官のマナー」から「エモい内定通知」まで、採用面接の課題を解決したい ―― 翔泳社 久次宗彦さん《前編》

     採用面接――それは会社の将来を担う人材とのファーストコンタクトであり、限られた時間の中で秘められた可能性を見出し、これから家族より長い時間を過ごすことになるかもしれない仲間を見つけるための手続きです。採用面接はある意味、ロールプレイであり、採用する側/される側のそれぞれが模範的な態度をとりながら、集団の中で光る個性を見つけたり見つけられたりしなくてはなりません。

  • 2017/09/22

    ベンチャー企業でも熱意・積極性を兼ね備えた上位校学生をなぜ採用できるのか——学生の視点から

     熱意があり積極的な姿勢の学生は、どの企業でものどから手が出るほど欲しい人材でしょう。そのためにも、新卒採用を担当する皆さんは、就活生の気持ちや価値観、そして本音を知りたいことと思います。本稿では、ベンチャー企業への就職を決めた東京大学4年生である筆者が、企業規模によらず「熱意と積極性を兼ね備えた上位校学生」の採用を可能にするための重要な要素について、自身の就活体験に基づいて明かしてくれます。(ラボ)

  • 2017/09/15

    「戦闘力表」でエンジニアの能力・評価の可視化にチャレンジ、興味のない仕事をやらせず無二の人材に育てる

     エンジニアの能力や評価を可視化するのは、容易なことではない。ソフトウェアエンジニアの権威トム・デマルコは「測定できないものは改善できない」と言うとおり、エンジニアの育成を効率的に進めるためには、エンジニアのスキルセットを測定することが不可欠だと言えるが、いまだ決定的なスキームは確立されておらず、各社で試行錯誤を繰り返しているのが現状だ。そんな中、株式会社オロではエンジニア育成において、ユニークな取り組みを行っているという。同社コミュニケーションデザイン事業部 クリエイティブグループ 黒河俊樹...

  • 2017/09/04

    実務レベルのエンジニアも今は新卒で採用する時代、企業の成長を担える技術者をインターンシップで発掘しよう

     いまや大学生のほとんどが経験するといわれるインターンシップ。しかし、エンジニアの場合は学生の持っているスキルが見えにくく、応募する側も受け入れる企業も手探り状態が続いているのが実情だ。本稿では、インターンシップを志望する学生と企業双方の重要ポイントについて、エンジニアのインターンシップ紹介に特化したWebサイト「エンジニアインターン」を運営するシンクトワイス株式会社の代表取締役社長 猪俣知明氏と、同社営業部 萩本和也氏(エンジニアインターン運営担当)に聞いた。

  • 2017/08/10

    今さら聞けない“GitHub採用”におけるエンジニア採用の効果と注意点

     こんにちは。codecheckチームの新田です。エンジニア採用において、「いかに優秀なエンジニアと出会えるか」「エンジニアのスキルをどう見抜くか」といった部分で頭を悩ませている人事の方も多いのではないでしょうか。いくつかのITベンチャー企業で、エンジニアのより効率的な採用手段の1つとして、最近では「GitHub採用」という言葉を耳にする機会も増えてきました。そこで今回はGitHub採用とは何か、またそもそもGitやGitHubとはについてを整理し、GitHub採用導入のメリットデメリットをご紹...

28件中1~20件を表示
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0