Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

iコンピテンシ ディクショナリ2017とITSSに対応したアセスメントツールを発売、ネクストエデュケーションシンクと―芝大門塾

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝OAコンサルタントの研修事業部門である芝大門塾は、ネクストエデュケーションシンクと共同で、IPA(独立行政法人情報処理機構)が策定したiコンピテンシ ディクショナリ 2017とITSSに対応した「パーソナル・アジェンダ for iCD」を開発したことを発表した。4月18日に発売する。

 iコンピテンシ ディクショナリ(以下、iCD)は、企業においてITを利活用するビジネスに求められる業務(タスク)と、それを支えるIT人材の能力や素養(スキル)を体系化したもの。経営戦略などの目的に応じた人材育成に利用できる。一方、ITSS(ITスキル標準)は、各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標。ITサービスプロフェッショナルの教育や訓練などに有用な「ものさし」(共通枠組)を提供するものだという。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0