Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

企業の外国人受け入れスタッフ向け日本語コミュニケーション研修サービスの提供を開始―内定ブリッジ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大手企業や外資系企業、あるいは地方で働く外国人材の支援を行う内定ブリッジは4月7日、企業の外国人受け入れスタッフ(おもに日本人スタッフ)を対象に、日本語コミュニケーション研修サービスの提供を開始した。社内の外国人スタッフとの日本語コミュニケーションに役立つ知識やマインドがコンパクトに学べるという。

 日本語コミュニケーション研修サービスを提供するに至った背景について、同社は多くの大手企業・外資系企業で、外国人向けに社内日本語コミュニケーション研修を行ってきたが、外国人の受け入れやマネジメントを担当しているスタッフ(主に日本人)にも日本語コミュニケーション研修が必要だと感じたことからと説明する。

 研修内容は、社内の外国人とのコミュニケーションを短時間で改善する実践的なもの。具体的には、外国人とのさまざまなコミュニケーション事例を紐解きつつ、日本企業において実際に起こりやすいコミュニケーションギャップの本質を理解しながら、外国人にとってわかりやすい日本語表現や、ミスコミュニケーションを起こしやすいビジネス場面での注意事項、日本人特有の怒り方、日本人の非言語コミュニケーションなど、これらを踏まえた日本語コミュニケーションのトレーニングを行う。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0