Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

フリーランス転身で仕事への満足度は8割以上が向上、収入は上がった人・下がった人が同数―「フリーランス白書2018」が公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会は、同協会の一般会員、メルマガ会員、SNSフォロワーに対して実施したフリーランスの実態調査結果、および1000名の会社員に対して行った実態とパラレルキャリア(副業や複業)への関心や課題を調査した結果をまとめた「フリーランス白書2018」を、4月23日に公開した。

 プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会では、フリーランスを「特定の企業や団体、組織に専従しない独立した形態で、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得る人」と定義。さらに、企業や組織に属さず雇用関係を持たない「独立系フリーランス」と、基本的には主となる企業や組織に雇用され、すきま時間を使って個人の名前で仕事をしている「副業系フリーランス」に分類している。

 フリーランスに対して行った「会社員時代に比べて、増えた(上がった)/減った(下がった)ものは?」という質問では、上がったものとして「満足度」(84.3%)、「スキル/経験」(80.8%)、「人脈」(68.7%)、「生産性」(64.7%)が上位だったのに対し、下がったものとしては「働く時間」(61.5%)を挙げる声が多かった。また、「収入」は増えた人、減った人ともに4割ずつでほぼ同数だった。

会社員時代に比べて、増えた(上がった)/減った(下がった)もの
会社員時代に比べて、増えた(上がった)/減った(下がった)もの(出典:「フリーランス白書2018」

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0