Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

「人事および採用の分野でブロックチェーンを利用できる6つの可能性」を示唆―ヘイズ・ジャパン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/18 08:21

 ヘイズ・ジャパンは、『ヘイズジャーナル』の最新号で「プロックチェーンが人事および採用にどのような影響を及ぼすと考えるか」を特集。人事専門家に話を聞いた結果、6つの可能性について回答を得たという。

 同記事で紹介されている6つの可能性は次のとおり。ヘイズ・ジャパン マネージング・ディレクターのマーク・ブラジは「ブロックチェーンが金融業界にもたらす影響はよく知られていますが、仕事の世界でこの技術を利用できる将来性は非常に高く、近い将来、人事と採用に変革をもたらすことになるだろう」と述べている。

1. 資格の確認

 採用のプロセスで、個人の身元、資格、証明書、経験の確認にブロックチェーンを利用できる。米IT教育・調査団体のCompTIAによれば、ブロックチェーンの早期採用者の51%が、現在、デジタルアイデンティティの確認にブロックチェーンを利用しているという。

2. 照会

 ブロックチェーンによって、従来の照会過程が不要になる可能性がある。ヘイズ グループ・デジタル・エンゲージメント・ディレクターのジャッキー・カーター氏は「誰かが学位を取得したら、学位証明書をブロックチェーンに入れるだけでよく、二度と確認の必要はなくなる」と述べている。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0