Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

働き方改革関連法に準拠した勤怠管理ツール「MITERAS勤怠」を提供開始、社員のコンディションも把握可能―パーソルプロセス&テクノロジー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パーソルプロセス&テクノロジーは、正しい勤務実態と社員のコンディションの把握を実現する勤怠管理ツール「MITERA(ミテラス) 勤怠」の提供を、10月9日に開始した。

 「MITERAS 勤怠」は、日々の勤務実績を自動集計し、人事担当者の負担を軽減する勤怠管理ツール。フレックスタイムや裁量労働制といったさまざまな雇用形態・勤務体系に対応するほか、1日の業務において何にどれだけ時間を要したかを入力することで、日常的に工数を管理できる。

 社員のコンディションからチーム状態を把握できる機能も備える。出勤・退勤時、社員に自分の状態や感情といったコンディションを選択・入力してもらうことにより、離職が懸念される社員を検知したり、ヒートマップによって組織やプロジェクトの状態を把握したりできる。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0