Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

OpenStack技術者認定試験の最新版「OPCEL認定試験 Ver.2.0」をリリース、「Mitaka」から「Queens」まで対応―LPI-Japan

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は、OpenStackの技術者認定試験「OPCEL認定試験」のVer.2.0の提供を、10月10日に開始した。なお、従来の「OPCEL認定試験 Ver.1.0」も、「OPCEL認定試験 Ver.2.0」リリース後6か月間(2019年4月9日まで)受験できる。

 「OPCEL認定試験 Ver.2.0」のリリースは、2015年10月の「OPCEL認定試験 Ver.1.0」配信開始から3年が経ち、クラウドを取り巻く環境が大きく変化し、クラウドファーストがスタンダードな時代になってきたことや、OpenStackの成熟にともない、日本でも商用システムでの活用事例が増えてきたことを受けて行われた。

 「OPCEL認定試験 Ver.2.0」は、現在商用システムでもっとも利用されている「Mitaka」から、最新の「Queens」まで対応するとともに、商用システムで活用度の高いコアコンポーネントの選択と集中、さらにコマンドオプションの丸暗記問題を減らし、即戦力を問う知識問題を増やすといった変更を行っているという。

 受験料は3万円(税別)。試験はピアソンVUEが運営する全国のテストセンターで受けられる。

Ver.2.0の出題範囲
主題 副題 重要度
OpenStack のアーキテクチャとデプロイメント クラウドコンピューティングの概念 3
OpenStack のアーキテクチャと設計 7
OpenStack のインストレーションとデプロイメント 5
管理・共有サービス アイデンティティサービス、認証と認可(Keystone) 6
ダッシュボード(Horizon)とRESTful API 3
モニタリング(Ceilometer) 2
オーケストレーション(Heat) 3
イメージサービス(Glance) 9
インフラサービス ネットワーキングサービス(Neutron) 7
コンピュートサービス(Nova) 7
ブロックストレージ(Cinder) 6
オブジェクトストレージ(Swift) 2

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0