Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

米国ラスベガス「HR Technology Conference & Expo 2018」参加レポート《前編》――イベント概要とExpoの見どころ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/04 06:00

 昨年に引き続き、今年も2018年9月11日〜14日に米国ラスベガスで開催された「HR Technology Conference & Expo 2018」に参加してきました。今回はそのレポートの前編として、イベントの概要のほか、昨年との比較や特に印象に残ったコンテンツなどをお届けします。

ConferenceとExpoからなる世界最大級のHR Techイベント

 近年、周囲の人事仲間やSNS、メディアなどでも「HR Tech」という言葉をよく目にするようになりました。日本では、2015年〜2017年にかけて毎年のように「今年がHR Tech元年だ」と言われてきましたが、今回レポートする「HR Technology Conference & Expo」は、1998年から毎年アメリカで開催され、今年で21回目となる歴史のあるイベントです。

HR Technology Conference & Expo 2018の入口
HR Technology Conference & Expo 2018の入口

 HR Technology Conference & Expoは文字通り「Conference」と「Expo」で構成されています。Conferenceでは、キーノートや各社の事例紹介・デモ、パネルディスカッションなど約90のセッションが、Talent ManagementやAI in HRといった12種類のカテゴリー別に開かれました。一方、Expoは約450社が出展した一大展示会で、スタートアップパビリオンや企業のデモブースなどが所狭しと並んでいました。

イベントは文字通りConferenceとExpoで構成
イベントは文字通りConferenceとExpoで構成
[画像クリックで拡大表示]

日本人参加者が倍増 同時通訳をつける企業も

 イベントの規模は、年々大きくなっていっています。昨年と比較しても、来場者数、出展企業数、セッション数と多くの項目で数が増えていました。

 とりわけ今年は、日本人の参加者と会場内でよくすれ違いました。主催者が参加者リストを公表しているので確認したところ、日本からの参加者は昨年の約90人に対し今年は約180人と倍増していました。昨年は主要・大手の人材サービス企業からの参加が目立ちましたが、今年はベンチャー・中小企業からの参加者や、1つの企業から複数人を派遣している日本企業を確認できました。また、同時通訳者をつけて社員を派遣する企業もあるなど、日本企業のHR Techへの関心の高さもうかがえました。

昨年と比較したイベントの規模
昨年と比較したイベントの規模
[画像クリックで拡大表示]

 次ページでは、Expoの中で特に興味深かった内容を3点挙げたいと思います。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 和歌子(イトウ ワカコ)

    ワミィ株式会社 代表取締役 / 人事 to IT カイギ主宰
    大学卒業後、ニフティ株式会社に入社。ニフティではシステム設計・開発やインフラの運用等に従事。2009年より、セキュリティソフトメーカーの人事部責任者として、採用・育成・制度設計・全社プロジェクト統括などを担当。2016年ワミィ株式会社設立。エンジニア採用に関する人事コンサルティングを行う。現在はワミィ株式会社代表取締役のほか、人事とITのコミュニティ「人事 to IT カイギ」を主宰。

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0