Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

会員登録数が会員企業数33社・有識者会員数12名に、トヨタ自動車など2社はプラチナ賛助会員へ昇格―日本ディープラーニング協会

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ディープラーニング協会は会員企業数と有識者会員数が、2017年設立発表時の8社・3名から33社・12名に増加。また2018年11月に、トヨタ自動車とトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメントの2社がプラチナ賛助会員となったと発表した。

 会員企業のうち、正会員は、ABEJA、ブレインパッド、ディープコア、ファッションポケット、FiNC Technologies、GAUSS、GRID、HEROZ、JGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス、KUNO、エヌビディア、PKSHA Technology、SENSY、STANDARD、tiwaki、UEI、クロスコンパス、zero to oneの18社。

 プラチナ賛助会員は、トヨタ自動車、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメントの2社。プラチナ賛助会員は、同協会の目的に賛同し、E資格試験を社内にて実施できる権利を有する。トヨタ自動車は、「従業員のE資格取得をより一層推進する」という方針のもと、ゴールド賛助会員からプラチナ賛助会員へアップグレードした。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0